高校野球・大分大会(2017):ドラフト注目度B

千綿泰生, 田中瑛斗, 梶原昂希, 三代大貴, 杉園大樹, 瀬山大徴, 益川和馬, 紺田丈平, 森翔

2017年夏の高校野球大分大会の注目選手を紹介します。昨年はドラフト会議で指名された選手はいませんでした。そして昨年から2年生選手の名が取り上げられていました。今年はその2年生の中で全国的に注目される選手もでてきたので、ドラフト注目度はB

地区

昨年夏は大分高が優勝、秋と今春は明豊が優勝している。杵築、大分商なども強さを見せ、好投手の柳ヶ浦なども明豊を追う。

注目選手

柳ヶ浦の田中瑛斗投手は184cmの本格派右腕で、球速も147キロまで伸ばしている。大勢のプロのスカウトが視察に訪れ、その都度、高い評価を受けている。将来性十分という評価で、ドラフト会議でも高い順位での指名となりそうだ。

その他の注目選手

大分西の瀬山大徴投手は181cmから140キロの速球を投げおろし、ナックルボールで三振を奪う。大分舞鶴の益川和馬投手は141キロの速球を投げる左腕で、チェンジアップに抜群のキレを持つ。大分東の日名子大樹投手、別府青山の中島正樹投手、大分南の森崎達也投手、臼杵の紺田丈平投手、豊南の森翔投手も130キロ中盤の速球を投げる好投手。

大分雄城台の梶原昂希選手は186cmの身体がありながら100m走で11.7を記録する俊足の持ち主。ライナーでスタンドに運ぶパワーもあり注目される。柳ヶ浦の千綿泰生選手はU15代表メンバーで注目されていたが故障などがあり苦しんだ。

明豊の杉園大樹選手も鋭いスイングから鋭い打球を放つ。大分の田﨑球音選手も広角のヒットを打ち長打力もある。大分商の三代大貴選手は高校通算40本塁打を越え、昨年秋は3打席連続ホームランを3度記録した。渡邊諒選手も思い切りの良い打撃が光る。

2017年度-高校生-大分県のドラフト候補リスト


PAGE TOP