センバツに向けて、明徳義塾の注目選手たち

明徳義塾, 市川悠太, 谷合悠斗, 藤森涼一, 池田惇希

センバツに出場するチームの、注目選手を、個人的に注目したい選手1位から3位まで紹介します。今回は明徳義塾高校。

明徳義塾の注目選手

145キロ右腕の市川悠太投手は横からのキレのある球に、変化球も多彩、制球も安定しており、この世代を代表する投手と言える。秋は公式戦10試合を一人で投げぬき、明治神宮大会優勝に導いたスタミナも圧倒的。高校野球の好投手だけでなく、その先を目指し、さらに成長を期待したい。

谷合悠斗選手は高校通算23本塁打のスラッガー、昨年夏の甲子園で4番を打ちホームランを放ったが、秋は故障のため6番を打っていた。明治神宮大会では静岡戦で同点に追いつくホームランなど3安打、中央学院戦でも3安打を打った。打撃センスが高く、長打力のある選手。遠投110mの強肩もある。

3番目に注目する選手には、大勢の候補がいる中で藤森涼一選手を挙げる。打撃こそまだ三振も多く打率を残せていないが、馬淵監督が「監督生活の中で一番速い」と話す足は、50m5.6秒を記録する。一塁までの駆け抜けのタイムを測りたい選手。

チーム

控えでも池田惇希選手は180cm90kgの身体から抜群の飛距離を見せる。代打での出場となりそうだが、大学に進めば主軸を任されそうな選手。1番の真鍋陸選手もスイングスピードはチーム屈指で、攻撃型1番バッター。

投手が市川投手しか見られないが、能力の高い選手が揃っていそうで、見られる機会があれば注目したい。

秋のチャンピオンは、選手個々の力や層の厚さを見ても、やはりトップクラスで優勝候補筆頭に位置する。

明徳義塾高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP