高校野球西千葉大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

田中大輝, 大谷拓海, 滝田承太郎, 箱山慶人, 清宮虎太朗, 池田翔, 畔柳舜, 西村陸, 古谷拓郎, 今里凌, 内藤拓海, 間中堅, 横山陸人, 杉田智也, 鈴木空吾, 佐藤将聖, 藤田祐哉, 昆野海翔, 廣田和哉, 高坂綾, 神野竜速, 飯塚脩人

夏の高校野球西千葉大会が7月11日に開幕する。

昨年は、東海大市原望洋の金久保優斗投手が東京ヤクルトから5位で指名された。また木更津総合の山下輝投手も最終的には高校NO.1左腕として注目されたが法政大に進んでいる。今年は東西に分かれる千葉、西千葉は注目選手のいる中央学院、習志野、専大松戸に注目選手がおり、また将来が楽しみな大型選手も多い。ドラフト注目度はB

地区

昨年の千葉大会は木更津総合が優勝し、習志野が準優勝、昨年秋は拓大紅陵が優勝し、ベスト4には中央学院と習志野が入り、中央学院は関東大会で優勝をしてセンバツ出場を果たした。センバツでは強打の明徳義塾をあと一歩まで追い詰めたものの、初戦敗退だった。

今年春は木更津総合が優勝、ベスト4には、習志野と専大松戸が入っている。

他にも千葉敬愛、市立船橋、流通経済大柏、八千代松陰、西武台千葉、日体大柏、東海大浦安、千葉英和、市立柏など、実力校がそろっている。

注目選手

今年のドラフト指名が確実という選手は、いません。

その他の注目選手

習志野の古谷拓郎投手はこの春にプロのスカウトの視線を浴び、最も評価を上げた投手の一人。182cmからしなやかに腕をしならせ、143キロのストレートとキレの良いスライダーを投げる。また習志野では2年生でU15代表経験のある飯塚脩人投手も179cmからすでに142キロを記録し、制球が抜群に良い。

中央学院の大谷拓海投手は二刀流として注目され、センバツでも明徳を相手に素晴らしい投球を見せた。180cmから145キロの速球を投げ、千葉屈指の投手なのは間違いない。しかしそれ以上に昨年の明治神宮大会で見せたホームランなど打撃の評価が高く、打撃でこの夏にどれだけ打ってくれるか。中央学院では畔柳舜投手も好投手。

八千代松陰の清宮虎太朗投手は190cm84kgから146キロを記録する。まだ殻を破る投球が見せられていないが、プロがいつブレークするかを見守っている投手。日体大柏のツインタワー、185cmから140キロの滝田承太郎投手と、185cmのサイドスロー・箱山慶人投手も最後の夏を迎える。注目されながらあともう一歩という状態が続いおり、この夏はブレークしてほしい。

西武台千葉の神野竜速投手は名前の通り145キロの速球を投げ、この春に急成長した。プロのスカウトが見ており驚きを見せていた。これから名を上げていく投手だろう。流通経済大柏の高坂綾投手も千葉敬愛戦で3回7奪三振の快投を見せ、専大松戸戦で142キロとこちらも伸び盛り。東葉の廣田和哉投手も173cmの右腕で130キロ後半の速球を見せ、市立松戸の物江啓佑投手も130キロ中盤を記録する左腕。

野手では専大松戸の今里凌選手が185cm82kgの左の大砲で、高校通算も30本塁打、千葉県屈指のスラッガー。昆野海翔選手も166cmだがスタンドに運ぶパワーがあり、藤田祐哉選手も素晴らしい足がある。習志野も佐藤将聖選手はU15代表の実力があり、鈴木空吾選手はアベレージを残せそうな打撃と堅実な守備、そして走塁でも見せるプレーをする。

中央学院も池田翔選手、田中大輝選手、西村陸選手は50m5秒台の俊足の持ち主で、今度こそ甲子園で走り回りたい。日体大柏の清水雄矢選手も1年時から足の速い選手と注目されてきた。東海大浦安の新井将充選手も50m5秒台の足があるという。

専大松戸の2年生・杉田智也投手はこの春に千葉黎明戦で6回12奪三振でノーヒットノーランを達成、三振を奪える球に注目。同じく2年生の横山陸人投手も135キロの安定した投球を見せ、間中堅選手はセカンドまで1.9秒台の送球を誇る注目2年生バッテリー。

東海大浦安の2年生・内藤拓海選手は上背はないものの、長打力と50m6.2秒台の俊足があるようで見てみたい選手。

優勝予想

習志野、中央学院、専大松戸の3強と言えそうで、試合巧者で投手力、打線も安定している習志野、そして選手層では負けていない中央学院と専大松戸、予想は難しい。

習志野のブロックにはシードの西武台千葉、ノーシードに日体大柏、千葉英和がおり、中央学院のブロックにはシードの八千代松陰にノーシードの東海大浦安、専大松戸のブロックにはシードの千葉敬愛に、ノーシードの千葉商大付、市立船橋がいる。

どのチームがチームに勢いづけながら勝ち上がっていくことができるか。

2018年度以降-高校生-千葉県のドラフト候補リスト


PAGE TOP