高校野球福島大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度C

矢吹栄希, 須田優真, 田野孔誠, 横堀航平, 衛藤慎也, 五味卓馬, 永成廉, 小山泰生, 渡部絢斗, 古川蓮, 磯上航希, 藤原涼雅, 阿蘇航新, 近藤琢磨, 川邊拓人, 藤田正樹, 佐藤康大, 佐藤奎祐, 関口夏輝, 小椋瑠偉, 須藤翔

夏の高校野球福島大会が7月7日に開幕する。

昨年は、学法石川の尾形崇斗投手が福岡ソフトバンクの育成ドラフト2位で、光南高校の松本京志郎選手が東北楽天の育成ドラフト2位で指名された。また、いわき光洋のスラッガー・園部佳太選手にも複数球団が注目をしていたが、プロ志望届を出したものの指名は無く、専修大に進んでいる。

今年は昨年に比べると注目度は高くないため、ドラフト注目度はC。

地区

聖光学院が11年連続で夏の甲子園に出場しており、昨年秋、今年春も聖光学院が優勝している。昨年秋のベスト4は、光南、学法石川、湯本、今年春のベスト4は福島商、磐城、光南。

この他には、いわき光洋、安積、日大東北、東日本国際大昌平尾、小高工業が統合した小高産業技術などが甲子園を争う。

注目選手

ドラフトで指名の可能性が高いような選手は、今のところいない。

その他の注目選手

聖光学院は矢吹栄希選手が注目。1年時よりそのプレーやセンスに注目が集まり、遊撃手として、またアベレージを残し、高校通算28本塁打の長打力もある選手として、一定レベルの評価は得られている。高校からプロとなると、この夏にとにかく打ちまくれば近づいてくるかもしれない。

打線を見ると、横堀航平選手、田野孔誠選手、矢吹選手、五味卓馬選手、須田優真選手が並ぶ打線は、斎藤監督も史上最強と評価する。141キロ右腕の衛藤慎也投手に、2年生の須藤翔投手と、軸がはっきりしない投手陣に不安はあるが、12連覇を十分狙える戦力がそろっている。

他に投手では、磐城高校の小山泰生投手と、学法石川の永成廉投手がトップ評価を争う。小山投手は177cmの左腕で141キロを記録し、春は多くの三振を奪いプロのスカウトが注目する。永成投手も183cmの左腕で、138キロのストレートをトルネード気味の力のこもったフォームから投げ込み、こちらも三振を奪える。光南もエースの小椋瑠偉投手が左腕、170cmから139キロのキレの良い球を投げ、春は5試合を投げてスタミナも十分ある。学法石川では関口夏輝投手も130キロ中盤を記録するサウスポー。

尚志高校は、佐藤奎祐投手は174cmから130キロ後半の速球を投げ、打撃も注目されている。佐藤康大投手は181cmから同じく130キロ後半の速球を投げ、1試合15奪三振も記録している。帝京安積の藤田正樹投手は138キロの速球を投げる投手で力がある。いわき光洋の川邊拓人投手も137キロの速球を投げる。

打者では磐城の近藤琢磨選手がこの春にチームを3位に導く打撃を見せた。福島商の阿蘇航新選手が小柄ながら4番を打ち、変化球をうまく打つなど能力が高い。あさか開成の安西優樹投手は足があり、肩もある選手。安積高校の秋山天選手は183cm84kgの体があり、体格では聖光学院の打者に引けを取らない。

ふたば未来学園の小松来紀選手は9本塁打、村田一宝選手は足もある選手で投げても130キロ台を記録する肩がある。

2年生では学法石川の藤原涼雅選手が168cmながら通算15本塁打を打っておりパワーがある。日大東北では、142キロの速球を投げる磯上航希投手と、130キロ中盤を投げる古川蓮投手が今年のエース候補。小高産業技術の渡部絢斗投手も130キロ後半の速球を投げる。尚志高校の佐藤孝紀選手も長打力のある選手のようだ。

優勝予想

11連覇の聖光学院をどこが止めることができるかが焦点となる。ノーシードの日大東北が同じブロックに入り、いわき光洋もシードとして入っている。良い投手は多そうで、その中でこの夏に勢いに乗るのはだれか、注目したい。

2018年度以降-高校生-福島県のドラフト候補リスト


PAGE TOP