高校野球南大阪大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度C

大石晨慈, 立石健, 橋本星哉, 谷口大樹, 高島大輔, 冨田拓海, 高倉龍侑, 吉田颯汰, 木元康允, 田中心平, 中田健太, 田中千晴

夏の高校野球南大阪大会が7月7日に開幕する。

昨年はドラフトでは履正社・安田尚憲選手が外れ1位で3球団から指名されたが、指名された選手は一人だけだった。大阪桐蔭の徳山壮磨投手、履正社もの竹田祐投手、大体大浪商の宮本大勢投手など軒並みプロ注目だったが、それぞれの進路に進んでいる。

今年は大阪桐蔭や履正社と別ブロックとなった南大阪は、注目選手としてややや物足りなさを感じる。ドラフト注目度はC。

地区

昨年夏は大阪桐蔭が優勝し大冠が準優勝、秋も大阪桐蔭が優勝し履正社が準優勝で、南大阪では近大付属と興国がベスト4入りした。春も大阪桐蔭が優勝、関大北陽が準優勝で、南大阪では大体大浪商と初芝立命館がベスト4に入った。

他に、上宮太子、上宮、大商大堺、東大阪大柏原、大阪偕星学園、大塚、近大泉州、浪速などが甲子園を争う。

注目選手

現時点でドラフト指名が確実というような選手はいない。

その他の注目選手

投手では、毎年、プロ注目投手が出てくる大体大浪商の立石健投手が、183cmから140キロの速球を投げ、2年時は春から夏にかけて28イニング連続無失点などとにかく安定感がある。変化球も縦横のスライダーの完成度が高い。140キロ後半くらいまで出すことを期待している。また、左腕では近大付の大石晨慈投手の名前が挙がる。中学時代から注目されていた選手で、大阪桐蔭の横川凱投手と共に大阪の左腕として期待された。チームではエースとして登板をしているものの、もう1段階上のレベルになる期待をしていた投手で、最後の夏にその姿を見たい。

浪速の田中千晴投手は187cmの右腕で、快速球を投げてプロのスカウトが注目している。ポテンシャルが高く、どのタイミングでどれだけ成長するか注目したい投手。興国の中田健太投手はテンポよい投球と、ナックルが必殺球で、春に履正社を完封した。大商大堺の田中心平投手は4番でエース、多彩な変化球を投げるがどれでもストライクを取れるため、投球の幅が広い。初芝立命館の木元康允投手はアンダーハンドから左右に動く球があり、沈む球も交える。春にベスト4入りした立役者。

打者では大体大浪商の吉田颯汰選手が春の公式戦で2本塁打、3年になり7本塁打を放ち20本とした。飛距離十分の右のスラッガー。近大付の高倉龍侑選手は1年夏から出場し、1年秋には4番を打つ。昨年秋の近畿大会では特大のホームランを放ち話題となった。東大阪大柏原の高島大輔選手は184cmの左の大砲、打席で粘ることもできる。4番の冨田拓海選手も左右に長打を打つパワーがある。谷口大樹選手は1番バッターとして出塁しチャンスを作る。

大阪偕星学園の宇佐美真太選手は1年春からスタメンで出場し、期待を集めていた。今年はチームが4月30日まで対外試合禁止処分でそのプレーが見られていないが、夏に見せてくれそうだ。興国の橋本星哉捕手は、投手にテンポよく投げさせるリズムの良い捕手。

優勝予想

本命不在の状態で、大体大浪商と近大付は戦力が厚いが、戦力は拮抗している印象。大塚高校、興国高校も可能性があるし、東大阪大柏原や大阪偕星学園など、勢いにのって打ち出すと止まらないチームが最後は甲子園を掴むかもしれない。

2018年度以降-高校生-大阪府のドラフト候補リスト


PAGE TOP