高校野球和歌山大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

林晃汰, 文元洸成, 平田龍輝, 楠航兵, 東妻純平, 冨田泰生, 細川凌平, 服部大輔, 畠中勇輝, 田中勇輝, 吉田龍生, 田川涼太, 中山竜, 清岡龍太郎, 杉本禎輝, 南勇誠, 入山海斗, 松下友輔, 杉中悠起, 黒川史陽, 根来塁, 池田陽佑, 湯浅公貴

夏の高校野球和歌山大会が7月11日に開幕します。

昨年は箕島高校の中川虎大投手が横浜DeNAの育成ドラフト1位で指名された。また、2年生だった智弁和歌山の林晃汰選手、平田龍輝投手がすでに注目されていた。

今年はその林選手、平田投手が3年生となり、ドラフト候補としてここまで来ている。ドラフト注目度はB。

地区

昨年夏は智弁和歌山が3-2と接戦で紀央館に勝利し甲子園出場をした。そして秋も智弁和歌山が優勝し、準優勝が日高中津、ベスト4に箕島、和歌山東。センバツに出場した智弁和歌山は強打が爆発し、準優勝をしている。

今年春も智弁和歌山、準優勝に市和歌山、ベスト4に向陽、初芝橋本が入った。

他にも和歌山商、高野山、桐蔭、近大新宮、星林、和歌山南陵などが甲子園を争う。

注目選手

智弁和歌山の林晃汰選手は、3番サードとして出場し、センバツでもホームランを放つなど、高校生スラッガーとして注目される存在。バッターボックスで待ち構える時の雰囲気があり、どんな球でも持っていきそうな迫力がある。またサードの守備もスローイングが悪くないので、そのまま、上のステージでも大丈夫かなと思える。

その他の注目選手

智弁和歌山は3年生、そして1,2年生と、少数精鋭にチームながらとにかく層が厚い。投手では平田龍輝投手が185cm84kgの体から144キロの速球を投げる。また、2年生の池田陽佑投手、湯浅公貴投手はともに180cmの身長から130キロ後半の速球を投げ、根来塁投手はリリーフで登板し130キロ後半の勢いのある球を投げる。

打線はさらにすごい。3年生では文元洸成選手や冨田泰生選手が20本以上のホームランを打つ主軸で、2年生の黒川史陽選手、東妻純平選手はすでに二塁手、捕手としてセンバツでも出場し、攻守に素晴らしい素質を見せる。そして1年生の細川凌平選手は春にいきなり1番バッターとして活躍し、センバツよりもさらにスキのないチームとなった。ドラフトの指名も数年は続いていくかもしれない。

他に投手では、初芝橋本の杉中悠起投手は179cmの右腕で142キロを記録する。松下友輔投手は185cmの右腕で回転の良い球を投げる。日高中津の入山海斗投手も176cmから144キロの力のある球を投げる。紀北工の楠航兵投手は2年夏に7回ノーヒットノーランを達成したことがある投手で、伸びのあるストレートを投げる。南勇誠も投打に注目される。

市和歌山の中山竜投手は投打に注目されており、投手としては178cmの右腕として力のある球を投げる。近大新宮のエースは清岡龍太郎投手。173cmだが向かっていく投球が持ち味。和歌山東の杉本禎輝投手は170cmの右腕だが力のある球を投げ、1年秋の新人戦で智弁和歌山を完封している。

野手では市立和歌山の吉田龍生選手が、1番バッターだが春に逆方向へのホームランを打ち、パワーのある所を見せた。箕島の田川涼太選手は180cmの左打者でシャープにスイングし左右に良い打球を飛ばす。

高野山高校の服部大輔選手は守備に定評があり、打撃・足も良く三拍子そろっている。近大新宮の畠中勇輝選手は、ショートの守備に定評があり、またチームでは1番バッターとして高い出塁率を見せる。田中勇輝選手は2年生の時に和歌山選抜の1番バッターに起用されるなど評価の高い選手。

優勝予想

智弁和歌山がスキのないチームとなり、優勝候補筆頭は間違いない。ただし組み合わせでは、いきなり高野山と対戦、その次は勝ち上がれば箕島と対戦する可能性がある。この序盤を乗り切るかどうかがポイントとなりそう。

2018年度以降-高校生-和歌山県のドラフト候補リスト


PAGE TOP