高校野球三重大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度A

大須賀健祐, 前川怜, 田中法彦, 横辻海, 定本拓真, 山本大雅, 梶田蓮, 浦口輝, 辻宏樹, 川瀬翔理, 村山新, 石伊雄太, 大田陸翔, 佐藤大和, 栗山翔伍, 杉本賢哉, 宮野勇世, 上下大地, 種村龍, 丹野悠, 服部恭平, 藤崎智也, 小川隼生, 岡祐斗, 豊田聖理, 河内頼, 東亮汰, 岡林勇希

夏の高校野球三重大会が7月13日に開幕します。

昨年は菰野高の岡林飛翔投手が広島の育成ドラフト1位で指名された。他にも宇治山田商の186cm右腕・宮原大樹投手や、いなべ総合の渡辺啓五投手など能力の高い投手が揃っていた。宮原投手は法政大、渡辺投手は朝日大に進学している。

今年も、U18代表の一次候補に3人が選ばれるなど、投手、野手に素晴らしい選手がおり、ドラフト注目度はA。

地区

昨年夏は津田学園が三重に4-3と接戦で勝利し甲子園出場を決めた。秋の新チームでは三重が優勝、いなべ総合が準優勝、ベスト4には松阪商と四日市工が入った。三重はセンバツにも出場し、日大三や星稜などを撃破してベスト4に進出をした。

春は津田学園が優勝し、いなべ総合が準優勝、菰野と津商がベスト4に入った。

他にも、宇治山田商、近大高専、伊勢工、海星、鈴鹿、伊勢高校などが甲子園出場を争う。

注目選手

菰野の田中法彦投手は173cm81kgの体から150キロの速球を投げ、スライダー、スプリットなどの変化球もしっかりと操れるようになった。ドラフト会議では指名確実な投手である。また菰野からは田中投手ではなく2年生の岡林勇希投手がU18の一次候補に選出された。こちらも176cmから148キロを記録しており、昨年のプロ入りした兄よりも素質は上と評価が高い。

その他の注目選手

U18代表の一次候補に選ばれたのは三重の東亮汰捕手と梶田蓮選手。東捕手は抜群の強肩が光り、センバツでもその肩を武器に相手の足を封じていった。140キロを超す投手をリードし、大阪桐蔭打線も2点に封じるなど実績も十分、すぐにプロかは分からないが、大学に進めば1年生から普通に正捕手としてやれるだろう。梶田選手もセンバツで1番バッターとして、ホームランも放つなどとにかく打ちまくり、センターで広い守備範囲を見せた。こちらも大学では即レギュラー級の選手だろう。三重は182cmから145キロの速球を投げる定本拓真投手が安定感を誇る。抜群の俊足を見せる浦口輝選手、能力の高い山本大雅選手などがそろう。

菰野高校には、田中投手、岡林投手の他にも、河内頼投手が142キロを記録し、140キロトリオとして注目される。鈴鹿の前川怜投手は187cmから145キロの速球を投げ注目される大型右腕、海星の大須賀健祐投手は181cmの大型左腕投手で130キロ後半の速球を投げ、20本以上のホームランを打つ二刀流、紀南の横辻海投手も180cmの右腕で130キロ後半の速球と鋭い変化球を投げる。

津西の豊田聖理投手は169cmと小柄だが、143キロのストレートに長打も打つ選手とのこと、鈴鹿の岡祐斗投手も130キロ中盤から後半を記録する左腕、宇治山田商の小川隼生投手は180cmの長身左腕で制球重視の投球も潜在能力に期待、松阪商の藤崎智也選手は182cm85kgの体があり投打の中心選手、津商の服部恭平投手は170cmの左腕だが勢いのあるストレートを、双子の兄のミットに投げ込む。桑名工の丹野悠投手も172cmの左腕で140キロを超すストレートを投げる。四日市工の種村龍投手も球速はもう少しだが球質で空振りを奪える左腕、津工業の北村駿投手は2年時には130キロ中盤を投げており、成長が期待される。

野手では津田学園の上下大地選手が185cm89kgの体があり、右の大砲として恐れられる。パワーも見せれば対応力も見せる。また、宮野勇世選手も177cmの右バッターで、春は5本塁打を放った。四日市工の杉本賢哉選手も4番で左右に長打を打つ。

近大高専の石伊雄太捕手は、セカンドまで1.8秒台の強肩で、三重の東選手と競いそう。いなべ総合の佐藤大和捕手も、座ったままでセカンドに送球する強肩捕手、津商の大田陸翔選手は強打と自肩の強さで注目される捕手。

いなべ総合の村山新選手はショートの守備で県屈指の存在、白山の栗山翔伍選手は50m6.0秒の足が魅力の1番バッター、稲生高の佐々木崇良選手は昨年秋にホームランを放ちパンチ力がある、近大高専の酒井皓大選手は183cmの体があり、パンチ力にも優れている選手とのこと。

2年生では、海星の川瀬翔理投手が171cmながらストレートの球威があり、1年生大会で優勝をしている。白山の辻宏樹選手が強肩と通算20本塁打の長打力がある。

優勝予想

センバツベスト4の三重は、定本投手と抜群の打線があり隙が無さそう。ただし、菰野の投手力は圧巻で、誰が出てきても相手を見下ろして投げることができそうだ。しかし、組み合わせでは三重は初戦で松阪商と、菰野も鈴鹿と伊勢の勝者と初戦を戦う事になり、出だしから侮れず、また近いとこにも宇治山田商や四日市工が控える。いなべ総合や津商、試合巧者の津田学園など、優勝予想は意外と難しい。

2018年度以降-高校生-三重県のドラフト候補リスト


PAGE TOP