高校野球宮城大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

中山翔太, 杉澤龍, 鈴木佳祐, 伊藤康人, 佐々木繕貴, 渋谷祐太郎, 林田庸, 石川翔夢, 高橋翔, 太田悠雅, 菅田碧, 柴崎倭, 安藤大晟, 朽木悠真, 鈴木健, 加賀谷光汰朗, 葛岡仁

夏の高校野球宮城大会が7月14日に開幕します。

昨年は仙台育英の西巻賢二選手が東北楽天のドラフト6位で指名され、1軍にも昇格するなど実力が高い。また、仙台高校の佐藤隼輔投手、仙台育英の長谷川拓帆投手などが注目され、佐藤投手は筑波大に、長谷川投手はTDKに進んだ。

今年は、仙台育英がチーム内不祥事で長い対外試合禁止になったりしたものの、他に高校から能力の高い選手が出てきた。ドラフト注目度はB。

地区

昨年は仙台育英が東北に7-2で勝利し甲子園に出場、秋も仙台育英が優勝し、利府が準優勝、仙台南、角田がベスト4入りした。しかし仙台育英がチーム内の不祥事により対外試合禁止となり、県からはセンバツ出場は無し。

春の新チームでは東北が優勝し、古川学園が準優勝、利府と石巻がベスト4に入った。

他にも柴田、仙台三、仙台商、東陵、東北学院などが甲子園出場を争う。

注目選手

東北高校の杉澤龍選手は、1年時からショートを守り、50m5.7秒の足、通算40本を超す本塁打、そして投手としても138キロを計測する肩など、あらゆる面で高い評価を得ている。今年春の東北大会ではサヨナラホームランを打った後、準決勝の八戸学院光星戦では1試合3本塁打でそのうち2本が場外弾というすさまじい打撃を見せた。ドラフト上位に入ってきてもおかしくない。

また東北高校の中山翔太投手は184cm84kgの右腕で最速は147キロを記録する。昨年まではあまり名前を聞かない投手だったものの、今年春にやや腕を下げて球速が一気に上がり、投球が安定した。変化球もどんどん覚えており、急成長をしている。

その他の注目選手

東北高校は葛岡仁投手も183cm80kgの左の投手で、130キロ中盤の速球を投げる。なかなかの素質がある投手だと思う。東北学院の加賀谷光汰朗投手は185cmの長身投手で、球威も増してきているといい、仙台一の鈴木健投手も183cmの長身右腕で速球の威力がある投手だという。

名取北の朽木悠真投手は174cmの左腕で135キロのストレートを投げ、変化球のキレも良く、今年春は3試合で30奪三振と三振を奪える投手。古川学園の安藤大晟投手は制球力抜群で、この春決勝に進出した立役者。柴田高校の柴崎倭投手も174cmの左腕で130キロ後半を投げるという。仙台三の菅田碧投手はサイドハンドからの力のある球で東北に勝利をした。角田の太田悠雅投手もキレのある球を投げる右腕で昨年秋ベスト4に貢献した。

野手では仙台育英の鈴木佳祐選手が、俊足で強肩の内野手で、西巻投手のように165cmと小柄も体力がある選手、どこまで伸びているか夏に注目したい。高橋翔選手も180cmの選手で打撃センスがある。利府の石川翔夢選手は捕手としての動きも良く、パンチある打撃も光る。林田庸選手はトップバッターとして石川選手などにチャンスを作り、セカンドの守備も定評がある。築館の渋谷祐太郎選手は178cm82kgの体があり、逆方向にさく越えをするパワーがある。投手としても注目されている。

下級生では古川学園の佐々木繕貴投手が2年時点で130キロ中盤の速球を投げ、既にチームの軸となっている。東北の伊藤康人選手は左打席からの柔らかい打撃が魅力の選手で身体能力も高い。

優勝予想

東北高校が投打の柱があり、力がある。ただし監督が代わり新生チームとなる仙台育英も、もともと能力のある選手が集まっており、この夏に一気に優勝するチームを作ってくるかもしれない。

その仙台育英は東北とは逆のブロックに入り、いきなりの対戦は避けられた。しかし仙台育英は気仙沼向洋、仙台一、角田などのいるブロックで実力が試される。

2018年度以降-高校生-宮城県のドラフト候補リスト


PAGE TOP