2019センバツに向けて、熊本西の注目選手

末永駿, 押川将登, 霜上幸太郎, 堺祐太, 熊本西

センバツ大会に出場するチームの注目選手、今日は最終回・熊本西。

熊本西の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度C:堺祐太選手は180cmの外野手でチームの4番、秋は打率.429を打ちチーム唯一のホームランも放つ。50m6.3秒の足なども注目したい。

注目度C:霜上幸太郎選手はエースで最速137キロを記録する。スライダーを打たせて取るのが巧み。ランナーが出てからの粘りが特徴の投手。ストレートが140キロ台に乗ってくるかチェックしたい。

注目度C:押川将登選手は168cmの外野手で控えだが、チーム1の俊足で練習試合では38試合で15盗塁を決めている。代走などで出てきたらその足に注目したい。

注目度C:末永駿選手は2年生、166cmの小柄な外野手だが、昨年秋は打率.526、盗塁5つを決めている。打撃の技術やスピードに注目したい。

チーム

チーム打率が.347を記録し、コツコツとヒットを繋げて得点を奪う。4番の堺選手の前にランナーを置いておくことができるかがポイントとなりそう。また、下位打線でもヒットを繋げられる。

投手は霜上投手が公式戦のほとんどを投げている。防御率3.59という成績だった。

投手としては4~8失点くらい、打線は4~6点といったところでいかに投手と守備陣が失点を少なくできるかとなる。

熊本西高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP