センバツは準決勝、東邦・石川選手vs明石商・来田選手のU18代表対決

高校野球センバツ大会は今日、準決勝2試合が行われる。第2試合は、東邦・石川昂弥投手と明石商・来田涼斗選手のU18代表1次候補メンバー同士の対戦となる。

第1試合の見どころ

習志野、明豊はともに、飯塚脩人投手、大畑蓮投手という140キロ中盤の速球を投げ、ロングリリーフもできるリリーフ投手を持ち、試合終盤までにリードをしていれば試合をものにできるし、序盤に先発投手が崩れても、試合を壊さずに終盤まで持っていく力がある。

その中で習志野は、ショート・角田勇斗選手を中心に守備力が非常に優れており、またバッテリーのけん制技術も非常に高く、余計な失点をしないチーム。明豊は先発投手も若杉晟汰投手、寺迫涼生投手と力のある投手がそろっており、先にも点を与えない力がある。どちらが先制するかという試合になりそうだ。

第2試合の見どころ

注目は、昨日に発表された侍ジャパンU18日本代表メンバー1次候補に選出された東邦のエースで主軸の石川昂弥投手と、明石商・来田涼斗選手の対決という事になる。石川選手も甲子園ホームランが飛び出し、来田選手は先頭打者弾とサヨナラ弾という強烈な1試合2本塁打を記録した。投手・石川が来田を抑えこんで打撃で1発という事になるか。

また、東邦は熊田任洋選手もU18代表1次候補に選出されている。また、来年のU18代表には入るのではないかと思う明石商の2年生エース・中森俊介投手は、準々決勝に160球超を投げており、その疲労が非常に心配される。

センバツ準決勝の対戦カードと注目選手


PAGE TOP