2015年新人王争いは?

ルーキーニュース

 2014年の新人王は、千葉ロッテの石川歩投手、広島の大瀬良大地投手が獲得、両リーグの本命が新人王に輝いた。2015年の新人王を予想してみる。

先発投手

 セリーグ、パリーグ共にドラフト1位で指名が競合した選手が新人王に輝いた。また先発として10勝を挙げた事が大きく、候補にはリリーフで9勝を挙げた又吉克樹投手(中日ドラフト2位)などが候補となったものの勝てなかった。

 ドラフト1位で競合して先発投手というと、2015年のルーキーの新人王候補は、まず北海道日本ハムのドラフト1位で先発候補の有原航平投手が最有力となる。またパリーグでは高校卒であるが安楽智大投手も候補となる。セリーグには該当選手がいない。

 しかし、有原航平投手は大学4年秋に、安楽智大投手は2年生の秋に右肘を痛め、ともに故障明けであり、キャンプ、オープン戦で登板するかどうかはまだ未定となっている。ただし、両チームとも先発ローテーションに入る可能性は十分あり、有原投手は昨年春のようなピッチングができれば、安楽投手は1年秋のようなピッチングができればプロでも10勝はできる力はある。

 その他のドラフト1位候補で先発投手では、セリーグならば中日の野村亮介投手、阪神の横山雄哉投手となりそう。二人とも高校から社会人に進み、昨年21U代表に選出されるなど同じような歩み方を見せている。ただし野村亮介投手はフォークボールがあり、リリーフとして登板している。

 阪神も先発左腕では能見投手を筆頭に岩田投手、榎田投手、そして昨年のドラフト1位・岩貞祐太投手と数が多い。21Uのオーストラリア戦やニカラグア戦のような投球ができればその中でもローテーションの入りそうだが、壁は高い。

 

セリーグ予想

 横浜DeNAの山崎康晃投手、東京ヤクルトの竹下真吾投手はリリーフとなりそうで、今年の又吉投手や三上朋也投手くらいの活躍が必要となるとなかなかきつい。ドラフト2位の風張蓮投手、石田健大投手、薮田和樹投手は1軍で登板するのに少し時間がかかりそう、中日の浜田智博投手、巨人の戸根千明投手は、阪神の石崎剛投手は最初から1軍で投げられそうだ。

 浜田投手はプロで通用すれば先発で10勝近くを勝てるかもしれない。石崎投手、戸根投手はリリーフタイプだろう。今年はリリーフタイプで期待される選手が多く、リリーフが新人王争いをするかもしれない。他にも巨人の高木勇人投手が経験・実力ともに高い。

 野手ではドラフト1位では広島の野間峻祥選手と巨人の岡本和真選手だが、岡本選手は数年後の新人王候補となる。野間選手が丸選手、エルドレッド選手の次に入ってくる事が出来れば、打率3割が期待できる。阪神の江越大賀選手は足、肩で使われるかもしれないが打撃では1年間を通して結果を残すにはまだ時間が必要か。

 横浜DeNAのドラフト3位・倉本寿彦選手は遊撃手として定評がある。ただし山崎憲晴選手や2012年ドラフト1位の白崎浩之選手との争いとなり、100試合以上を守ることができるかどうかは、山崎選手の守備、そして白崎選手の打撃を上回る必要がある。

 中日3位の友永翔太選手も可能性がある。足、打撃では大島選手と比較される位まで活躍できるかもしれない。ただし外野手争いでは大島選手、和田選手、平田選手など実績のある選手との争いとなる。

 セリーグ新人王候補

 本命:横山雄哉(阪神)

 対抗:野村亮介(中日)、浜田智博(中日)、高木勇人(巨人)、山崎康晃(横浜DeNA)、竹下真吾(東京ヤクルト)、野間峻祥(広島)

 大穴:戸根千明(巨人)、倉本寿彦(横浜DeNA)、友永翔太(中日)

 

パリーグ予想

 埼玉西武の高橋光成投手と福岡ソフトバンクの松本裕樹投手は数年後の新人王候補、先発ではオリックスの山崎福也投手が有力となりそう。左腕不足で単独1位指名した投手で、先発左腕として期待されており先発の機会も多く得られそうだ。

 パリーグではドラフト上位指名された即戦力投手は埼玉西武2位・佐野泰雄投手、千葉ロッテ2位・田中英祐投手だけで新人王候補は少ない。田中投手はこれまで本格的な投手コーチがいなかったため、体力強化も含めて時間が必要だろう。佐野投手はリリーフでフル回転が期待されている。即戦力投手では高木伴投手が昨年は調子を崩したものの力のあるストレートでリリーフから復活するかもすれない。

 打者では千葉ロッテ・中村奨吾選手が最有力だろう。セカンドのポジションを1年で獲りそうな力がある。東北楽天ののドラフト3位・福田将儀選手も候補だが、繋ぎの役割を果たすタイプで新人王へのアピールはなかなか難しい。アピールという点では東北楽天のルシアノ・フェルナンド選手がプロでも豪快なホームランを打ち、20本の大台に乗せることができれば新人王候補に名前が挙がってきそうだ。

 パリーグ新人王候補

 本命:有原航平(北海道日本ハム)

 対抗:安楽智大(東北楽天)、山崎福也(オリックス)、中村奨吾(千葉ロッテ)、佐野泰雄(埼玉西武)

 大穴:高木伴(オリックス)、ルシアノ・フェルナンド(東北楽天)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 僕は
    セリーグは杉浦
    パリーグは白村
    と予想します