各球団のドラフト1位ルーキーのチェックポイント

ルーキーニュース

 12球団のドラフト1位ルーキーのキャンプイン、阪神の横山雄哉投手は1月に診断された左胸鎖関節の炎症の影響もあり、2軍キャンプスタートとなった。

セリーグ

 阪神の横山雄哉投手について中西投手コーチは、「ブルペンは第3クールになる。焦らせてもいかんし、キャンプ中に上げることはしない」と、まずは時間をかけて復帰する事を第一として、キャンプ中に1軍キャンプに呼ばないことを明言した。2月終盤から3月になってオープン戦が始まる事から、短いイニングから徐々に登板して開幕1軍となれば最善だろう。

 横浜DeNAの山崎康晃投手は、新人合同自主トレから連日ブルペンに入り、100球以上を投げ込んだ日もあるなど、早い仕上がりを見せている。その事から初日からすでにかなりのキレのある球が投げられると見られ、注目される事になりそうだ。その状態を開幕までさらに上げられるかがポイントとなる。

 逆に中日の野村亮介投手はほとんどブルペンに入る事なくキャンプインをする。友利コーチが焦り、森ヘッドも体が出来ていないと指摘するなど周囲の指摘は厳しいようだが、マイペースを貫いて開幕1軍に持っていけるかがポイントとなる。

 東京ヤクルトの竹下真吾投手は合同自主トレでも強い球を投げており、リリーフとして即戦力の期待が高まっている。チーム方針で2軍キャンプスタートだが、最初の入れ替えくらいには1軍に上がってくるかもしれない。

 野手では広島の野間峻祥選手が1軍キャンプスタート、丸選手、鈴木選手、そして外国人などとポジションを争うことになるが、肩、足は対抗できると見られ、後は打撃と言う事になる。オープン戦でアベレージを残していけるかだろう。

 セリーグのドラフト1位選手では唯一高校生ルーキーの巨人・岡本和真選手、今年から巨人に復帰した内田順三コーチのもとで、次期4番候補として英才教育を受ける。課題の守備も含めて1年間はファームで育てられそうだが、英才教育の一環として1軍キャンプに昇格して雰囲気や1軍選手の凄さを体験させるかもしれない。

 

パリーグ

 高校生ルーキーとして唯一の1軍キャンプスタートとなった東北楽天・安楽智大投手、故障していた右肘の影響が気になるが、既にブルペンで強い球を投げているようだ。普通に投げられれば則本投手や松井裕樹投手などがブルペンの隣で投げていても、遜色のないストレートやコントロールがあると思う。

 オリックスは山崎福也投手が1軍キャンプスタート。先発左腕が不足していると単独1位指名され、松葉投手と共に左の先発として期待されている。ただし先発の枠は金子投手や西投手、ディクソン投手に昨年のルーキー、吉田一将投手、東明大貴投手、加入したバリントン投手がいるなど狭く、この戦いに勝ち残れるか。

 千葉ロッテはドラフト2位の田中英祐投手の注目度が高く、ドラフト1位の中村奨吾選手があまり目立っていない。ただし、セカンドとして守備、走塁、そして打撃も即戦力と考えられる選手で、キャンプでアピールしてゆきたい。

 山崎福也投手とは東京六大学のエースとして、中村奨吾選手とは早稲田大のチームメイトとして共に戦った北海道日本ハムの有原航平投手は、キャッチボールの距離が長くなったとはいえまだ力を入れた投球はしていない。復活さえできれば150km/h前後のストレートで勝負できる投手だけに、慎重にまずは復活を目指したい。

 埼玉西武の高橋光成投手と福岡ソフトバンクの松本裕樹投手も、まずは高校時代の良い時のストレートを投げられるように、まずはその状態に戻すことを目指す。松本投手は下半身は既に出来上がっており即戦力クラスの安定感がある。肘を気にせずに投げられるようになれば1軍登板も早いと思う。

 高橋光成投手は、2年夏の甲子園の状態でもスプリットなど変化球が中心で、ここぞという時に投げられた148km/hの速球を長いイニングで投げ続けられるように、まずは体力強化をしたい。1年間は陸上部となりそうだ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント