ここまでのルーキーの評価

ルーキーニュース

キャンプを打ち上げる球団が増え、2月1日のキャンプインから初のキャンプを過ごしたルーキーたちの現在の評価などを追う。

高評価ルーキー

これまで高い評価が続いているのは、広島の1位・加藤拓也投手、3位・床田寛樹投手、DeNAの6位・尾仲祐哉投手、9位・佐野恵太選手、阪神の2位・小野泰己投手、5位・糸原健斗選手、東京ヤクルトの2位・星知弥投手、千葉ロッテの5位・有吉優樹投手、埼玉西武の3位・源田壮亮選手、東北楽天の4位・菅原秀投手、オリックスの2位・黒木優太投手、8位・沢田圭佑投手というところか。

まだ実戦登板のない星投手以外は、実戦で結果を見せており、開幕1軍に近づいている選手だと思う。リリーフで起用されそうな投手が多い感じで、床田投手、菅原投手は大学時代からの特徴を活かし、プロでもやっていける自信をつけたと思う。加藤投手、小野投手、黒木投手は球の力で十分やっていけそう、沢田投手はかなり良い球を投げていると思う。

野手では源田選手はショートのレギュラー候補に入ってきている。糸原選手もセカンドとして開幕スタメンを狙える位置にいる。

まずまず評価ルーキー

課題も見せたものの、首脳陣からの期待は下がっていない選手。

横浜DeNAのドラフト1位・濱口遥大投手、阪神のドラフト1位・大山悠輔選手、中日ドラフト1位・柳裕也投手、2位・京田陽太投手、福岡ソフトバンクのドラフト1位・田中正義投手、千葉ロッテ1位・佐々木千隼投手、2位・酒居知史投手、オリックスの1位・山岡泰輔投手。

濱口投手、柳投手、佐々木投手、酒居投手、山岡投手などはブルペン投球や実戦での登板で結果を残したり課題を見せたりという状況、田中正義投手はフィールディングの課題を指摘され、実戦登板にもやや影響が出てしまっているか。

各球団のドラフト1位選手は期待の反面、課題を見せると大きく取り上げられる。ただし首脳陣からは既に開幕に合わせる形で任せられている選手も多く、テスト的な投球をして打たれていることもあると思う。評価は急に下がったりはしない。もともと実力を評価されている投手なので、これから状態を上げてくるだろう。

また、東京ヤクルトの4位・中尾輝投手、中日の4位・笠原祥太郎投手、北海道日本ハムの2位・石井一成選手、千葉ロッテの4位・土肥星也投手、埼玉西武の6位・田村伊知郎投手、オリックスの7位・飯田大祐捕手、東北楽天の9位・高梨雄平投手などは、話題として取り上げられてはいないが、現在のところは悪い評価は聞こえてきていない選手。ただしこれからベテランなどのレギュラー陣が状態を上げてくるなかで、生き残りをかけて好結果を残し続けなければならない。

期待が高まっているルーキー

広島の2位・高橋昂也投手、横浜DeNAの5位・細川成也選手、育成1位の笠井崇正投手、阪神の6位・福永春吾投手、東北楽天の3位・田中和基選手、東京ヤクルトの1位・寺島成輝投手、北海道日本ハムの1位・堀瑞輝投手、福岡ソフトバンクの2位・古谷優人投手が挙げられる。

細川選手は阪神との練習試合でいきなりホームランを放つなど話題をさらった。その後はプロの厳しさを味わったが、今年1年は2軍でホームラン20本を目指せる選手として期待される。笠井投手は実戦で結果を出し続けており、2軍を主にしているが、支配下登録は近いとみられる。広島の高橋投手、ヤクルト・寺島投手、日本ハム・堀投手もブルペンでの評価は高い。

西武の1位・今井達也投手もキャンプ序盤に2軍に移ったものの、素晴らしい球を投げているという。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント