横浜DeNAドラフト1位ルーキー・ 濱口遥大投手がローテ入りへ前進

濱口遥大

横浜DeNAドラフト1位ルーキー・濱口遥大投手がローテーション入りに前進した。北海道日本ハムとのオープン戦で先発すると、5回を2失点に抑え、ラミレス監督も「投げるたびに良くなっている」と評価、「まだ今、決められないですけどそういう方向で進んでいる」とローテーション候補に入っている。

最速149キロ

濱口投手はこの日、先発をすると最速は149キロを記録、同学年の大谷翔平選手には第1打席でストレートで追い込むと、得意のチェンジアップで空振り三振を奪った。第2打席では2ベースヒットを浴び「甘いところにいって打たれた。さすがだなと」と話したが、5回を投げて3安打2失点、3つの三振を奪う堂々の投球だった。

濱口投手はこれまでの投球で、大学時代から課題とされた、失点の抑えが効かなくなる投球を見せたりもしたが、2年目となった同じ左腕の今永投手から、腕の振りが横になっていることを指摘され、縦に振ることを意識してこの日の好投につながった。

「しっかり自分の思い描いた通りに投げることができました」と話す濱口投手、相手バッターを見る落ち着きも見せていた。

ラミレス監督は「スタミナも見せましたし球威が落ちなかった。クイックが速い」と先発としての総合力を評価し、「まだ今、決められないですけどそういう方向で進んでいる」と、開幕ローテーション入りの候補として考えていることを示した。

横浜DeNAでは、3年目となる石田健大投手が開幕投手に指名されており、2年目となる今永昇太投手、そして濱口投手が先発に定着すれば、若い左腕ローテーションとなる。コントロールと変化球の石田投手、伸びるストレートの今永投手、パワーとチェンジアップの濱口投手とそれぞれタイプの違うので非常に楽しみ。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2017 Draft home page

初回の第1打席では直球で追い込み、最後は得意のチェンジアップで空振り三振を奪ってみせた。直球は最速149キロを計測し、3奪三振。「直球は低めに制球できたし、チェンジアップもしっかり腕を振って落とすことができた」と手応えを口にした。

ラミレス監督は「スタミナも見せましたし球威が落ちなかった。クイックが速い」とべた褒め。若手投手陣に競争を求めており「まだ今、決められないですけどそういう方向で進んでいる」と開幕ローテ入りを示唆した。


PAGE TOP