中日、ドラフト1位・小笠原慎之介投手など3選手が1軍キャンプスタート

小笠原慎之介

中日はスタッフ会議を開き、キャンプのメンバーの割り振りを決めた。ルーキーではドラフト1位の小笠原慎之介投手など3投手が1軍キャンプスタートとなった。

上のキャンプで見てみたい

1軍キャンプスタートが決定したルーキーは小笠原慎之介投手と、ドラフト2位の佐藤優投手、ドラフト4位の福敬登投手の3投手。小笠原投手は昨年の夏の甲子園の疲労で肩の張りがある状態になっており、U18ではほとんど投げず国体でも登板しなかった。

自主トレでもスロー調整を続けており1軍キャンプスタートについては本人も「2軍スタートという評価だと思っていたので」と話し、1軍キャンプスタートに驚きを示した。

1軍スタートとなったのは谷繁監督の要望のようだ。「その時点でできることをやらそうかな。現時点では上のキャンプで見てみたい」と話し、状態を確認したいという事のようだ。

小笠原投手は「生き残るために自分の投球を出していかないと。2月1日に間に合う等に投げていきたい」と話した。1軍クラスの他の投手の投げる球を見て、反対に萎縮しないか心配なところもあり、また焦りから故障する可能性もある。今はマイペースで回りを関係なく自分の力をチェックしながらステップアップしてほしい。

「けが(左肘の炎症)もあったので自分の中では2軍だと思っていた。恩返しできるよう必死で最後まで残りたい」と気合を込めた。


PAGE TOP