阪神ドラフト3位・江越大賀選手が5打数4安打、巨人・中日・ヤクルトのスコアラーが驚きも

阪神ルーキーニュース

 阪神は韓国サムスンと練習試合を行った。1番センターで出場したドラフト3位ルーキーの江越大賀選手は、5打数4安打を記録し、他球団スコアラーも驚きを見せた。

他球団スコアラー高い評価

 この日の江越選手は先頭打者の第1打席でストレートをはじき返すと、痛烈に二遊間の間を抜けるヒットを放つと、第2打席は2ストライクと追い込まれながらもカーブに対応してレフト前に落とした。

 第3打席は5回ノーアウト1,3塁のチャンスで回ると、三遊間にはじき返して打点を挙げた。6回の第4打席でも内野安打を記録するなど5打数4安打1打点の活躍に他球団スカウトもコメントを出している。

 巨人の三沢スコアラーは「追い込まれても、変化球に対応していた。バットが体に巻き付いているところは、坂本かな」と話すと、中日の井本スコアラーは「足でも長打でも勝負できる。パンチ力もあるし、構えも長野に似ている」と、巨人の坂本、長野クラスと評価した。東京ヤクルトの西沢スコアラーも「振り回す感じではないし、ちゃんと考えて振っている」と、対応力の高さも評価していた。

 

道はまだ始まったばかり

 それでも1軍の道のりはまだまだ続く。11日の日本ハム戦では4打数ノーヒットに終わるなど、好不調が激しかったり粗さも残る打撃は、これからプロで磨かれていく必要がある。

 同じタイプでいくと、昨年の北海道日本ハムのドラフト3位・岡大海選手が開幕1軍を手にしているが、練習試合やオープン戦で活躍をずっと続けた。足や守備でもアピールしての開幕1軍だった。しかしそれでも1軍出場は15試合にとどまっている。

 投手に比べると野手がプロで活躍するには少し時間がかかると見られる。今は1試合1試合の結果も重要ではあるが、続けることが大切、これからプロの1軍クラスの投手が出てくる中で結果を残せるかがポイントとなる。プロの厳しい攻めなどで磨かれて、将来の1番や3番を打てる選手になってくれれば。

 

2015年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 有言実行だ。初球の141キロ直球を果敢にスイング(結果はファウル)。2球目の変化球は悠々と見逃し、続く3球目。141キロ直球に振り負けず、球足の速い打球で遊撃右を破る中前打。対外試合での“プロ初安打”。「最初の打席で真っすぐをとらえたのは良かった。振り負けないことがテーマ。しっかりと自分のスイングができた」。2打席目は2球で追い込まれながら、1球ファウルを挟んだ4球目のカーブを左前へポトリ。世界を相手に戦った経験豊富なサウスポーをあっさり攻略した。

  バックネット裏で視察した他球団の偵察部隊は、驚きの声を上げた。「追い込まれても、変化球に対応していた。バットが体に巻き付いているところは、坂本かな」と巨人・三沢スコアラーは自軍の新主将になぞらえた。中日・井本スコアラーは「足でも長打でも勝負できる。パンチ力もあるし、構えも長野に似ている」と絶賛。6回2死一塁、遊撃のグラブをはじく強烈な内野安打を放ったスイングスピードと、50メートル5秒8の俊足を高く評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント