侍ジャパン、アマチュアからは4人、NTT東日本・高木伴投手、日立製作所・岡崎啓介選手が選ばれる

明大, NTT東日本, 九共大, 大瀬良大地, 岡大海, 日立製作所, 高木伴, 岡崎啓介

 侍ジャパンのメンバー発表が行われ、アマチュア野球では広島にドラフト1位指名された九州共立大・大瀬良大地投手と北海道日本ハムに3位指名された明大・岡大海選手、それに来年のドラフト候補となる二人が代表入りした。

来年の社会人投手の目玉

 一人は投手でNTT東日本・高木伴投手。高木投手は東農大出身で3年生になって急成長し146km/hを記録した。NTT東日本では1年目の今年に都市対抗予選でセガサミーの浦野博司投手(北海道日本ハムドラフト2位)と投げ合い、146km/hの速球で5回1安打5奪三振の快投を見せると、都市対抗では初戦の東邦ガス戦で6回1/3を4安打6奪三振1失点に抑える好投を見せた(チームは2番手投手が打たれて敗戦)。

 180cmの本格派右腕で来年のドラフトで解禁となるため、社会人のNO1右腕として注目されそうだ。

立教大で首位打者

 日立製作所の岡崎啓介選手は173cm78kgの選手で小柄だが強い打球が持ち味の選手。PL学園では2006年のセンバツ大会に出場し、1つ上の学年のエース・前田健太投手と共に戦ってベスト4まで勝ち上がった。

 立教大では主にサードを守って4年生の時に主将を務め、秋には打率.424で首位打者となる。社会人ではショートを守り、強打と堅守の選手として今年のドラフトでも候補となった。

大瀬良大地投手は意気込み語る

 また来年プロ入りする大瀬良大地投手は侍ジャパン入りしたことについて「大変光栄に思っています。これからプロに行こうという身としては、早くプロになじめる、いい機会を与えていただいたという気持ちもあります」と話した。一足早く、プロ若手の名だたる選手に大瀬良大地の投球を見せることになる。

 NTT東日本の高木伴(ばん)は1メートル81、80キロの大型右腕。市川口時代は甲子園出場はなし。東都2部リーグの東農大から今年NTT東日本に入社。柔らかい腕の振りとスライダー、フォークのコンビネーションが武器。日立製作所の岡崎啓介は強打の内野手。PL学園時代の06年センバツでは、1学年上の前田健(広島)とともに4強入り。立大では主将を務め、4年秋には首位打者に輝いた。

 「大変光栄に思っています。これからプロに行こうという身としては、早くプロになじめる、いい機会を与えていただいたという気持ちもあります」。広島から選出された野村、菊池、丸は大瀬良の1学年上。入団前に同じユニホームを着る格好の機会を得た右腕は「周囲のレベルが高いので背伸びしないように精いっぱいやって貢献できればいい」と話した。


PAGE TOP