矢場とんブースターズが出陣式、145km/h右腕・片山武士投手など注目

社会人野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース

 矢場とんが社会人野球に参戦し、矢場とんブースターズの出陣式を行った。チームには愛知学泉大で145km/hを投げドラフト候補に挙がった片山武士投手などが在籍している。

社会人チーム

 矢場とんはみそかつ店のチェーンを展開しているが、愛知県を本拠に、クラブ野球チームの矢場とんブースターズを設立し、この日出陣式を行った。

 チームには投手5人、捕手2人、内野手7人、外野手4人が在籍しているが、投手では愛知学泉大でリーグ3部ながら145km/hの速球を投げてプロから注目された片山武士投手や、目立った実績は無いものの、中日で活躍した郭源治氏の長男・佳久耀投手が加わった。佳久投手は185cmの身長があり、フォークボールを投げるという。

 また野手でも北大津高校で高校通算43本塁打を記録し、甲子園でも活躍を見せた小谷太郎選手がチームに入っている。

 トヨタ自動車、三菱重工名古屋、西濃運輸など日本一の激戦区となっている東海地区に、旋風をもたらすか注目される。

矢場とんブースターズのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 選手は新卒中心に社員18人でスタート。店舗で働きながら週2度、午前中に練習を行い、今秋の公式戦出場を目指す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント