社会人野球スポニチ大会の組み合わせが決定、注目選手など

社会人野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース

社会人野球のJABA東京スポニチ大会の組み合わせが決定した。今年のドラフト候補、東京ガスの山岡泰輔投手や大阪ガスの酒居知史投手の他、JX-ENEOSに進んだ谷田成吾選手やJR東日本に進んだ丸子達也選手などのデビューに注目される。

出場チームと組み合わせ

出場チームは以下の通り

AブロックBブロックCブロックDブロック
JR東日本
日本通運
ジェイプロジェクト
大阪ガス
鷺宮製作所
JX-ENEOS
JFE東日本
JR東日本東北
東京ガス
かずさマジック
富士重工
JR九州
明治安田生命
東芝
西濃運輸
日本新薬

また組み合わせは以下の通り

3/9神宮①JR東日本vsジェイプロジェクト
②日本通運vs大阪ガス
③東京ガスvs富士重工
横浜①明治安田生命vs東芝
②西濃運輸vs日本新薬
③かずさマジックvsJR九州
大田①鷺宮製作所vsJX-ENEOS
②JFE東日本vsJR東日本東北
3/10神宮①富士重工vsかずさマジック
②日本新薬vs明治安田生命
③東芝vs西濃運輸
横浜①JR九州vs東京ガス
②JX-ENEOSvsJFE東日本
③JR東日本東北vs鷺宮製作所
大田①日本通運vsJR東日本
②ジェイプロジェクトvs大阪ガス
3/11神宮①東芝vs日本新薬
②東京ガスvsかずさマジック
③JX-ENEOSvsJR東日本東北
横浜①鷺宮製作所vsJFE東日本
②ジェイプロジェクトvs日本通運
③大阪ガスvsJR東日本
大田①明治安田生命vs西濃運輸
②富士重工vsJR九州
3/12神宮①準決勝第1試合
②準決勝第2試合
③決勝

神宮・横浜の①は9:00~ 神宮・横浜の②は11:30~ 神宮・横浜の③は14:00~
大田①は10:00~ 大田②は12:30~  (※いずれも予定)

 

注目選手

JR東日本には早稲田大の4番・丸子達也選手と専大の主軸・渡辺和哉選手が加わり、丸子選手はファースト、渡辺選手はサードで練習をしているという。また日大三優勝メンバーで早大の吉永健太朗投手や履正社高の永谷暢章投手も加入している。二人はまだデビューという事はないと思うが素質は十分。今年のドラフト候補では最速153キロの進藤拓也投手がいる。コントロールが不安定でまだ実績を残せていないが、圧巻の球威があり注目したい。

同じブロックに入ったのが大阪ガスで、ドラフト1位指名が確実視されているエースの酒居知史投手がいる。他にも内野手の峰下智弘選手もドラフト候補に入ってきそうで、さらに毎年状態が注目される小畑彰宏投手もいる。酒居投手の今年の状態のチェックにスカウトも大勢集まるだろう。

JX-ENEOSにはドラフトで指名漏れとなり大きな衝撃となった慶大の谷田成吾選手が、また早大の内田聖人投手、立教大の齋藤俊介投手、同志社大の柏原史陽投手といったプロが注目した投手が加入する。今年のドラフト候補では糸原健斗選手、船本一樹投手、岡部通織選手などが注目されており、選手の素質の高さでは社会人屈指。

かずさマジックには玉井大翔投手がいる。東農大北海道では風張蓮投手を差し置いてエースとして活躍したほか、かずさマジックでも1年目から活躍を見せている。活きの良いピッチングに注目したい。

同じブロックの東京ガスは今年のドラフト1位候補の山岡泰輔投手がいる。高校時代から注目され、社会人1年目ではリリーフエースとして打てない速球を投げていた。2年目は先発に転向したがやや苦労したものの、高校時から投げていた鋭いスライダーに加え、様々な変化球を投げるようになり投球の幅を広げた。今年は完成形の山岡投手が見られると思う。

また東京ガスでは今年解禁となる小野田俊介選手、中山悠輝選手にも注目が集まりそう。中山選手はPL学園から東京ガス入りし、高卒1年目でいきなり出場して活躍を見せた。守備、打撃に高いセンスがあり注目される。

2016年度-社会人投手のドラフト候補リスト

2016年度-社会人捕手のドラフト候補リスト

2016年度-社会人内野手のドラフト候補リスト

2016年度-社会人外野手のドラフト候補リスト

アマ野球シーズンの幕開けとなる今大会。今秋ドラフト候補も数多く登場する。投手では上位候補に挙がる東京ガスの150キロ右腕・山岡や大阪ガスの148キロ右腕・酒居をはじめ、JR東日本の153キロ右腕・進藤も注目を集めそうだ。

早大の4番を務めた丸子は昨季、春秋リーグ戦連覇と全日本大学選手権優勝に導いた左の強打者。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント