東京スポニチ大会1日目、ドラフト注目選手の活躍

社会人野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

社会人野球東京スポニチ大会1日目は8試合が行われた。ドラフト注目選手の結果をまとめる。

東京ガスvsパナソニック

東京ガスはプロ注目の150キロ右腕・石田光宏投手は登板せず、4年目となる左のエース・宮谷陽介投手が登板し、7回5安打無失点の好投を見せた。キレ球が持ち味の宮谷投手、「打たれたけど粘れた」と話した。

3番にはプロ注目の中山悠輝選手がサードで出場、5打数2安打だった。4番には笹川晃平選手が座り1回に犠牲フライ、4回には相手が落球し3塁まで進む、そして7回には初安打を記録した。

パナソニックは奈良学園大出身のルーキー・鈴木佳佑投手が登板し6回2/3を7安打2失点、しかし4番手で登板した今年のドラフト候補・與座健人投手が1回4安打4失点と乱調で点差をつけられた。

きらやか銀行vs鷺宮製作所

きらやか銀行は大黒柱で144キロ右腕の小島康明投手が先発すると、5回を3安打2失点とまずまずのピッチングを見せた。

鷺宮製作所は多彩な変化球を持つ今年2年目の西村純季投手が8回0/3で6安打2失点と好投、仙台大出身の大坂智哉選手が2安打2打点の活躍を見せて、4-2で勝利した。

日本新薬vsJFE東日本

日本新薬は今年ドラフト解禁となる西川大地投手が9回6安打10奪三振で完封勝利、福山雅治の義父で新監督の吹石監督に初勝利を贈った。西川投手は立命館大時に、桜井俊貴投手とともに先発として活躍しプロから注目されていた。また日本新薬は、昨年国学院大でプロが注目していた外野手・久保田昌也選手が1番センターで出場し、5打数2安打と活躍を見せた。2-0で勝利している。

JFE東日本は早稲田大で注目されたルーキーの中澤彰太選手が3番センターで出場したが4打数1安打だった。

JR九州vsJX-ENEOS

JX-ENEOSはドラフト候補の柏原史陽投手が先発するも4回2/3を投げて6安打2失点と内容が良くなかった。来年のドラフト候補となる鈴木健矢投手が3番手で登板し、3回1安打無失点と好投した。注目の谷田成吾選手は4打数ノーヒットに終わった。

Honda vs 大阪ガス

Hondaは注目の左腕・永野将司投手は登板しなかった。中央大で注目された松田進選手が3番ショートで出場も3打数ノーヒットだった。

永和商事ウイングvsNTT東日本

永和商事ウイングは4年目となる186cm92kgの渡辺康介投手が、延長タイブレークまで10回1/3を2安打無失点に抑えて見事な完封勝利を挙げた。大宮武蔵野高校から日本ウェルネススポーツ専門学校北九州校を経て永和商事ウイングに入り4年目となるベテランだが、大きな体から147キロの力のある球を投げる。

今日から社会人野球、東京スポニチ大会、対戦カードと注目選手

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント