東芝が都市対抗出場、JX-ENEOSは昨年に引き続き予選敗退

JX-ENEOS, 東芝, 岡野祐一郎, 齋藤俊介

都市対抗野球西関東予選では、東芝がJX-ENEOSに5-0で勝利し都市対抗本選を決めた。ルーキーの岡野祐一郎投手が5安打完封で勝利した。

東芝は9年連続

東芝は本業の方での経営危機のため、今春はキャンプを自粛するなど厳しいシーズンのスタートとなった。しかしこの日は横浜スタジアムで社員と共に笑顔が見られた。

先発したのは昨年まで青山学院大でエースとして投げていた岡野祐一郎投手、最速147キロの速球を投げるドラフト候補だった。その岡野投手は、最速146キロの速球に加えて東芝に入社してから投げ始めた80キロ台のスローカーブを織り交ぜ、9回を投げて5安打完封、5-0での勝利に貢献した。

工藤監督は岡野投手について「岡野が今季一番の投球をしてくれた。岡野サマサマですね。」と話し、またチームの状況について、「ここまで選手もつらい思いをしてきた。こういうときこそ、野球部が従業員のみなさんに、東芝グループとして一体になれる場所をつくれたことは大きな意味があると思う」と話した。

JX-ENEOSは2年連続予選敗退

一方、JX-ENEOSは2年連続の予選での敗退となった。この日は先発したプロ注目の齋藤俊介投手が初回につかまり、2本のホームランを浴びるなど4点を失った。その後は力のあるストレートと得意のスライダーで6つの三振を奪うなど力投を見せたが、5回を投げて9安打6奪三振4失点で降板した。

柏原史陽投手、齋藤俊介投手、谷田成吾選手など注目選手も多かったが、本選への出場は補強選手で選ばれるかどうかになってしまった。

JX-ENEOSは過去7年間、都市対抗予選で東芝に勝てていない。今年もその壁を越えられなかった。

東芝のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

JX-ENEOSのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

強気で攻めた。4点リードの4回1死三塁。「負ければ終わり」の大一番で、岡野は打者2人に直球を7球続けた。「プレッシャーはあったけど、思い切り腕を振った」。自己最速にあと1キロと迫る146キロで空振り三振。後続を中飛に打ち取り、本塁を踏ませなかった。


PAGE TOP