NTT東日本の左腕・佐々木健投手が152キロ、10球団スカウト陣が力を絶賛

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

NTT東日本の152キロ左腕・佐々木健投手、都市対抗野球東京第1代表決定戦で先発をした。

スポンサーリンク

6回途中2失点

佐々木健投手は、制球などの課題があるものの、最速152キロの速球を投げる左腕投手として注目されている。期待の高い投手で、これまでは、JPアセット証券戦でも8回から登板したようにリリーフで起用されていたが、都市対抗第1代表決定の大舞台で先発で起用された。

すると佐々木投手は初回から150キロ台を連発し、球はいつも通り荒れていたが、バットを押し込み、折る場面も見られた。3回2アウトからは最速タイとなる152キロを記録し、ショートゴロに打ち取った。

初回に四球から1失点、また6回には1アウト2塁から2つの暴投で追加点を献上してしまうなど、課題も見られた。結局6回で降板し、5回1/3で2失点という成績だったが、2回から5回までは、速くて強い球が来るとわかっていてもバットが押し込まれ、へし折る力のある球で凡退を続けた。佐々木投手も「内角を突けたし、質のいい直球は投げられた」と話した。

このピッチングに視察した10球団のスカウトからは高く評価する声が挙がった。

埼玉西武・渡辺GM「ボールの威力が魅力。指にかかった時の直球で何度もバットを折っていた」

中日・米村明チーフスカウト「左の150キロは右の150キロと全くスピードが違う。2ボールからでもチェンジアップを使えたし、真っ直ぐも素晴らしかった」

北海道日本ハム・坂本スカウト「大一番で、今年のトップレベルの投球を見せたこと。2回以降、変化球を使いながら自分の投球を取り戻したことは評価できる」

JPアセット証券戦でもスカウトから高い評価をされており、「真っすぐは上位レベル」と評価されている。左でこの威力のある球を投げるのは、早稲田大の早川隆久投手くらい。まだ伸びしろもある投手で、左の欲しい球団は2位、3位で指名をしてくる可能性がある。

2020年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

スタンドには10球団のスカウトが視察。西武・渡辺久信GMは「ボールの威力が魅力。指にかかった時の直球で何度もバットを折っていた」とうなった。中日の米村明チーフスカウトも「(打者にとって)左の150キロは右の150キロと全くスピードが違う。2ボールからでもチェンジアップを使えたし、真っ直ぐも素晴らしかった」と舌を巻いていた。

その投球をネット裏で視察した日本ハム・坂本スカウトは「大一番で、今年のトップレベルの投球を見せたこと。2回以降、変化球を使いながら自分の投球を取り戻したことは評価できる」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント