東京ガスの153キロ右腕・益田武尚投手が2回無失点、DeNAスカウティングディレクターが高評価

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

社会人野球関東選抜リーグでは、東京ガスのプロ注目153キロ右腕・益田武尚投手が登板し、2回無失点の好投を見せた。横浜DeNAのスカウティングディレクターが高評価をしている。

スポンサーリンク

149キロ記録

東芝とし対戦した東京ガスだったが、6回まで東芝の猛攻にあい14安打で6点を許していた。しかし、7回から153キロ右腕の益田武尚投手が登板すると、2四死球を許したものの8回までの2イニングをノーヒットに抑えた。

昨年の都市対抗本戦の準々決勝・ENEOS戦で先発したものの、左脇腹を痛め、この冬はリハビリと体幹を意識したフォーム作りに時間を使った。この日は今年3試合目の登板だったが最速は149キロを記録した。「真っすぐでファウルが取れたので、久しぶりにいい真っすぐを投げられた」と話した。

エースとして先発復帰が期待されるが、「いけるならいきたい」と話し、「都市対抗までに球の質プラス球速ももう少し上に持って行きたいなと思ってます」と目標を話した。

この日は横浜DeNAの河原スカウティングディレクターが視察し、「腕の振りのシャープだし、コントロールで苦しむような投手でもない。もっと良くなると思うので期待している」と話した。河原氏はチーム内でも選手の評価や獲得で実績があり、その評価の重みがドラフト会議の指名につながる可能性が高い。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補、東京ガスの最速153キロ右腕・益田が2回無失点 「いい真っすぐが投げられた」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東京ガスの今秋ドラフト候補の最速153キロ右腕・益田武尚投手が7回から登板し、2回無失点と好投した。

▼DeNA河原隆一スカウティングディレクター 腕の振りもシャープだし、コントロールで苦しむような投手でもない。(直球は)もっと良くなると思うので期待している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント