社会人野球日本選手権はトヨタ自動車が優勝

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

社会人野球日本選手権は決勝戦が行われ、トヨタ自動車が8−1でNTT東日本に勝利し優勝した。

スポンサーリンク

エース格不在も

トヨタ自動車は、都市対抗で先発として好投を見せ、横浜DeNAがドラフト2位で指名した吉野光樹投手を今大会では欠いたものの、ベテランの嘉陽投手、佐竹投手、そして来年のドラフト候補・松本健吾投手が好投を見せる強力投手陣で、社会人日本一を手にした。

都市対抗ではベスト4入り、そして選手権では優勝。今大会は5試合で4失点と投手力で圧倒した。藤原監督は「トヨタは守備力のチーム」と話し、「まだ通過点。常にトップを走っていけるチームでありたい」と常勝を誓った。

今年のドラフト会議では、吉野投手の他に長谷部銀次投手も広島に6位で指名され、強力投手陣を物語っている。来年は松本投手を中心にベテランと若手が融合した強力投手陣を維持して、日本選手権2連覇となるか注目したい。

トヨタ自動車のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
トヨタ自動車が4大会ぶり6度目V 嘉陽フル回転MVP 藤原監督バースデー前祝い - スポニチ Sponichi Annex 野球
 決勝戦が行われ、トヨタ自動車が8―1でNTT東日本を下し、17年以来4大会ぶり6度目の優勝を飾った。先発した嘉陽宗一郎投手(26)が右足薬指の負傷に耐え、8回1失点の好投。3試合に先発する大車輪の活躍を見せ、最高殊勲選手賞を獲得した。打線は北村祥治主将(29)が4安打2打点を放つなど13安打の猛攻。藤原航平監督(42...
トヨタ自動車4大会ぶり6度目V エース吉野欠く中、中堅右腕が奮闘 社会人野球日本選手権 - アマ野球 : 日刊スポーツ
トヨタ自動車(愛知)が17年以来、4大会ぶり6度目の優勝を果たした。1点を先制されたが、3回に多木裕史外野手(32)の2点二塁打で逆転し、逢沢峻介外野手(26… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント