来年ドラフト1位候補・ENEOSの度会隆輝選手「プロのスカウトに認められる選手に」

社会人野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

社会人野球の2022年の表彰が行われ、都市対抗で橋戸賞を獲得したENEOSの度会隆輝選手が、最多本塁打賞、最多打点賞、ベストナインの表彰を受けた。来年のドラフト会議に向けての決意も述べている。

スポンサーリンク

濃い1年になった

度会隆輝選手は横浜高校からENEOSに入って今年2年目、春先のスポニチ大会で2本塁打を放つと、都市対抗では4本塁打を放ってENEOSを優勝に導くと、MVPに当たる橋戸賞を獲得した。今年は公式戦で23試合7本塁打、21打点と圧倒的な活躍を見せ、最多本塁打賞、最多打点賞、ベストナインに輝いた。

「濃い1年になった。走攻守全てで成長できた」と話す度会選手、「盛大に祝っていただき感謝、感激で興奮しています。片方の手首に2つ、片方の手首に1つつけようかな」と、景品のシチズンの時計3つを受け取り、度会選手らしいコメントをした。

横浜高校では1年時から内野手としてプレーし、連続ヒットを続けるなど天才的な打撃を見せた。高校3年で通算24本塁打を放ち、プロ志望届を提出したものの指名漏れとなりENEOSに進むと打撃に力を入れるために外野手に転向し、社会人1年目から開花した。

50m6.0秒の足と遠投118mの強肩、そしてとにかくチャンスに強く、スタンドを盛り上げるようなホームランを放つ。スター性抜群のスラッガーにプロのスカウトも注目するが、「もっと頑張って、プロのスカウトに認められる選手になってもらいたいです」と話し、来年さらにアピールをすること誓う。

「ドラフト1位で行くという夢を持ちながら、来年の大会全てで優勝する気持ちでいきたい」と話す度会選手、外野手としてプロでも活躍が期待され、来年のドラフト会議では、高校生の佐々木麟太郎選手などとともにドラフト1位指名となることは間違いなさそうだ。

2023年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ENEOS・度会3冠!高卒2年目で長打力開花 来秋ドラ1目指す! - スポニチ Sponichi Annex 野球
 2022年度社会人野球表彰(主催・日本野球連盟、共催・スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社、協賛・シチズン時計)の表彰式が13日、東京都千代田区のKKRホテル東京で行われた。都市対抗野球で橋戸賞(MVP)を獲得した来秋ドラフト上位候補のENEOS・度会隆輝外野手(20)がベストナイン、最多本塁打賞、最多打点賞を受賞。ヤ...

優勝に導いた7月の都市対抗では4本塁打を放ちMVPにあたる橋戸賞を受賞した。父・博文氏はヤクルトで内野手として15年間活躍。決勝でも息子の本塁打を見守り「もっと頑張って、プロのスカウトに認められる選手になってもらいたいです」と期待を込めた。

来年ドラフト候補のENEOS・度会隆輝が3冠、BTS意識したヘアで登壇 社会人野球表彰 - アマ野球 : 日刊スポーツ
社会人野球の22年度表彰式が13日、都内で開かれた。受賞者12人が出席した。来年のドラフト候補に挙がるENEOS・度会隆輝外野手(20=横浜)はベストナインと… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント