西濃運輸、来年のドラフト候補・山下大輝投手が完封

西濃運輸, 山下大輝

 社会人野球日本選手権、都市対抗王者の西濃運輸は初戦で茨城ゴールデンゴールズと対戦し、4-0で勝利した。

1年目・山下大輝投手が完封

 都市対抗王者の西濃運輸は1年目の山下大輝投手が先発すると、140km/h中盤の速球と安定した制球で、茨城ゴールデンゴールズ打線に3塁を踏ませず、7安打6奪三振で完封した。

 山下投手は常葉大学浜松で146km/hの速球を投げる投手として注目され、西濃運輸では夏に149km/hを記録していた。速球派だが社会人に入ってからは制球を重視するようになり、この日も1四球のみで打たせて取るピッチングを見せた。

 「不安だったが楽しかった」と話す山下投手、来年のドラフト候補として注目されてゆきそうだ。

 都市対抗大会覇者の西濃運輸は危なげなく初戦を突破した。先発に抜てきされた常葉大出身の新人、山下が7安打完封し「不安だったが楽しかった」と充実感をにじませた。最速149キロの右腕は入社後、自慢のストレートの球速よりも制球を重視するようになったという。


PAGE TOP