第85回都市対抗野球 4日目のカードと注目選手

第85回都市対抗野球、大会第4日目の対戦カードと注目選手をまとめました。

第1試合

日本新薬(京都市) 新日鐵住金東海REX(東海市)
石田龍平 176cm
78kg
1年 右右
高校時代から中日などが評価する素質を持った投手、回転の良い球が魅力 B 稲葉章人 173cm
72kg
1年 右右
小柄だかバットを長く持ち、思い切り振りぬく打撃は長打力がある。大学野球選手権で東浜巨投手を攻略 B
大畑建人 175cm
79kg
1年 右左
チャンスに強く、確実性もあるスラッガー候補、大体大時代は全国大会で活躍見せた A 阿部健太朗 180cm
82kg
4年 右右
最速151km/hの速球と大きなフォークボールが特徴の投手。社会人1年目に故障も復活を遂げた B
沖野哲也 185cm
80kg
2年 右右
185cmの大型野手として、高校通算48本塁打をマーク、東京国際大でも選手権で旋風起こした   B 葛西侑也 176cm
72kg
3年 左左
左サイドスローからの速球は136kmだがテイクバックがコンパクトで腕が伸びてくる B
倉本寿彦 180cm
75kg
2年 右左
180cmの大型だが投球に食らいついて粘りの打撃を見せる。50m6.1秒の俊足で盗塁も見せ、チームのリードオフマンとして活躍 B 森田貴之 175cm
74kg
3年 右右
ノーワインドアップから繰り出される馬力のあるストレートと、スライダー、チェンジアップ、カーブなど球種も多彩 B
杉上諒 185cm
78kg
2年 右右
大学4年生の春季リーグ戦では6者連続奪三振のリーグタイ記録などプロ注目の投手  B 上杉芳貴
トヨタ自動車
から補強
179cm
75kg
4年 右右
150kmの速球はバットを押し返す力のある球、フォーク、沈むスライダーといった空振りを奪える変化球も B
中村駿介 186cm
81kg
4年 右右
亜細亜大などでプロ注目、社会人で好不調の波があるが、良い時のピッチングは絶賛される B          
榎田宏樹 175cm
76kg
4年 左左
阪神の榎田投手の弟。抜群のコントロールで安定感NO1左腕 C          

 

 第2試合

永和商事ウイング(四日市市) 新日鐵住金かずさマジック(君津市)
甲川稔 177cm
80kg
1年 右右
桐蔭横浜大で大学3年秋に明治神宮大会初優勝 、大学4年春 神奈川大学リーグトップの19打点を上げ打点王と最優秀選手 B 宮沢義也 外  181cm
85kg
1年 右右
走攻守三拍子揃った外野手! ガーナ人の父譲りの身体能力の高さ魅力 B
高橋康平 182cm
75kg
3年 右右
星稜高校から天理大へ進学し永和商事ウイングに進んだ。182cmからの140km/hの速球はキレがある。 B 加藤貴之 180cm
80kg
4年 左左
テイクバックが大きくダイナミックなフォームから大きなカーブやスライダーを投げ、決め球にストレートをスバリと決める。 A
狩野翔平 178cm
70kg
2年 右右
右オーバースローからの力強いストレートが魅力で、詰まらせて打たせて取るのが持ち味 C 内田秀行 171cm
80kg
3年 右右
ホームランに加え打点も稼げる選手 B
神谷貴之 183cm
78kg
3年 右右
183cmの身長と長い腕から投げられるストレートに伸びがある C 相良悠馬 181cm
77kg
2年 右右
ストレートとカーブ、スライダーの変化球を有効に使え、安定感の高い投手 B
升岡滉太郎 183cm
97kg
2年 左左
183cmの大型左腕投手。リリーフで登板。 C 中根久貴 182cm
75kg
3年 右右
大学時代に浦野博司とともに活躍、速球復活なるか B
松本敬弘 外  178cm
78kg
3年 右左
大体大時にリーグ新記録となる通算12本塁打を記録しているスラッガー。打率も3割以上をマークする C 村松伸哉 190cm
87kg
4年 右右
大学野球に衝撃のデビューを飾った右腕、ようやくリリーフとしてチームの戦力となった B
          井口拓皓
日本通運
から補強
175cm
78kg
2年 右右
抜群のコントロールを持ち四死球が少ない、凄みは無いが投球をまとめる事が出来る好投手 B

 

第3試合

沖縄電力(浦添市) Honda鈴鹿(鈴鹿市)
山川大輔 171cm
75kg
4年 右右
興南高校時代は5番キャッチャーで春夏連覇を達成! 強肩強打で視野が広いキャッチャー C 浦嶌颯太 182cm
83kg
1年 右右
高校1年時からプロスカウトに注目されながら結果を残せなかった、高い素質に注目 B
          大城戸匠理 178cm
78kg
1年 右左
50m6.0秒の俊足に遠投110mの肩があり、リードオフマンとして法大時に首位打者獲得 B
          宮崎太郎 184cm
80kg
1年 右右
長身から投げ下ろす直球とフォークが良い。 済美高校時代は2年夏に甲子園出場。 B
          飯田大祐 181cm
78kg
2年 右右
常総学院では遠投110mの強肩に甲子園でもホームランを放ったスラッガーとして注目されたいた選手 B
          岡部賢也 182cm
86kg
2年 右右
特徴的なフォームからマウンドの傾斜を生かし140km/h台中盤の速球をテンポ良く投げ込む。マウンド捌きやフィールディングも良い B
          土肥寛昌 181cm
80kg
2年 右右
148km/hを投げる素質があり、大学時にも期待されていた、社会人2年目でエース格に B
          守屋功輝 183cm
78kg
3年 右右
倉敷工業時代に143km/hの速球を投げ、プロ志望届けを出さなかった事にプロスカウトが悔しがった逸材 B

PAGE TOP