国学院大・杉浦稔大投手に11球団スカウト視察、巨人は7人態勢で、青学大・斉藤英輔投手は148km/hも5回7四死球5失点

青学大, 齋藤英輔, 国学大, 杉浦稔大

 東都リーグでは国学院大・杉浦稔大投手と青学大・斎藤英輔の今年のドラフト候補同士の先発となった。

 杉浦投手はストレートの最速は143km/hと球速は出ずに7本のヒットを許したものの、持ち前の低めのストレートと90km/h台のスローカーブを有効に使い三振は5で3失点、無四球で完投勝利を挙げた。球速が無くてもコントロールで勝てるところが杉浦投手の魅力でもある。

 また青学大・斎藤投手は球速は148km/hを記録し球威は復活しているものの、5回を投げて7四死球と制球を乱し、5安打2奪三振7四死球で5失点で降板した。斎藤投手は「1球1球自体は悪くなかった。杉浦が相手で先に点をやれないという思いがあった。このままでは終われない」と悔しがった。

 この試合には11球団のスカウトが視察し、巨人は山下スカウト部長以下7人態勢で視察、山下スカウト部長は「大瀬良君は力で押すタイプだけど杉浦君は調子が悪くてもコーナーをきっちり突ける」とドラフト1位候補に挙げる2人の大学生を比較するような評価をしており、試合中も候補を絞り込むポイントを考えているようだった。杉浦投手は試合後に「必要としていただける球団に行きます」と話した。

 ドラフト1位候補の杉浦投手はもちろんだが、斎藤投手にとってもこの試合は大きかった。結果は良くなかったが148km/hと球威は戻ってきている。プロ志望届を提出しており待つ状態となっている。1年生の時からの活躍をプロがどう判断するか、ドラフト会議を待ちたい。

  杉浦が本来の球威を欠きながら、90キロ台のスローカーブを有効に使うなどして無四球完投した。国内11球団のスカウトが集結。大学生では九州共立大の大瀬良大地(4年)とともに1位候補に挙げる巨人は最多7人態勢で視察した。山下スカウト部長は「大瀬良君は力で押すタイプだけど杉浦君は調子が悪くてもコーナーをきっちり突ける」と評価。杉浦は「必要としていただける球団に行きます」と話した。


PAGE TOP