中大・島袋洋奨投手が5連続四死球で自責点3、149km/h記録も

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース 2014年大学野球春季リーグニュース 2014年ドラフトニュース

 東都大学の亜大vs中大の2回戦、中央大は昨日先発しなかったプロ注目の島袋洋奨投手が先発したものの、オープン戦からの不調が続き、1回1/3でまでに6つの四死球を与えて降板した。亜大先発の花城直投手も5回を持たずに降板した。

最速149km/h記録も

 島袋投手は初回から投球がバックネットにあたる大暴投を見せるなど制球が出来ていないピッチングだった。それでも亜大のバント失敗や牽制でアウトにするなど無失点に抑えた。しかし2回に1アウトから4つの四球で押し出しをしてしまうと、続く打者に死球を与えて2点目を与えここで降板となった。1回1/3を投げて0安打6死死球、三振0、自責点3という内容だった。

 この試合には埼玉西武の渡辺SDや巨人のスカウトなどが視察をし、巨人のスカウトのスピードガンでは149km/hを記録するなど、速球の勢いはあったものの、やや精神的に参っているような感じで全く制球が出来ない状態になってしまっていた。

 秋田監督は「ブルペンでは良いボールを投げても、試合では腕が振れない。あの子が一番歯がゆいと思う」と話し、島袋投手の状態を心配した。興南高校で春夏連覇を達成し、大学でも1年生から投げてきた島袋投手にとって、昨秋の6敗で悩みすぎているのか、チームの主将となり全ての重圧がのしかかってしまったのか、ドラフト会議を迎える最後の年で新聞・雑誌が常に注目するからなのか、とにかく今は時間をかけてでも、一つ一つクリアしていく事しか無い。プロ入りは今年が最後のチャンスというわけではない。

 

亜大は敗戦

 序盤に3点を奪った亜細亜大だったが、昨年までのようには行かなかった。先発したのは島袋投手と同じ沖縄県出身の花城直投手。182cmから148km/hの速球を投げ、昨秋に完封勝利を挙げるなど次期エースの期待がかかる投手だが、この日は5回に3点を失って降板、4回1/3を投げて6安打2四死球で自責点は2、リードを守りきれなかった。

 その後、1年生の将来のエース候補、嘉陽宗一郎投手がマウンドに登ると最速147km/hの速球を見せたものの4安打2四死球で2失点し、3-6で中央大に敗れた。亜細亜大は中央大には2011年秋から11連勝をしていたが、連勝はストップした。

 一昨年は1戦目は東浜巨投手、2戦目は九里亜蓮投手、昨年は1戦目が九里亜蓮投手、2戦目が山崎康晃投手で、1戦目を落としても2戦目で勝利を取れたのだが、今シーズンは2戦目の軸が決まっていない。花城投手が期待されているが、やや暗雲が立ち込めた。

 

  島袋がまさかの大荒れ初登板だ。初回先頭に1球もストライクが入らず四球を出すと、2回1死からは4者連続四球で押し出し。続く打者にはフルカウントから押し出し死球を出し、ここで降板。打者の背後を2球通過するなど、制球が全く定まらず。オープン戦から不調が続き、開幕投手を回避していた主将は「情けない」と逆転勝ちにも浮かない表情。「気持ちを切り替えて、自分の役割をこなしていきたい」と前を向いていた。

 中大・島袋(先発し2回に5連続四死球。1回1/3を3失点)情けない。自分の役割ができるよう頑張りたい。

島袋1回1/3 KO - ニッカンスポーツ紙面:2014/4/9

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント