明大は山崎福也投手連投で引き分けに持ち込む、慶大は谷田成吾選手選手が好調

慶大, 明大, 横尾俊建, 谷田成吾, 山崎福也

 東京六大学の明治大vs慶応義塾大の2回戦は、明治大が昨日先発したエースの山崎福也投手をリリーフに投入し、慶大も昨日5イニングを好投の三宮舜投手をつぎ込む総力戦で5-5の引き分けとなった。

先発2年生

 明治大は2年生の柳裕也投手が先発、東大戦で5回2安打10奪三振など昨年秋の新人戦から安定した投球を続けている。慶大も2年生の加藤拓也投手が先発、昨年秋に150km/hを記録して東大戦は7回1安打9奪三振で勝利している。

 2年生ながらも好投手同士の対戦とあって投手戦も予想されたが、2回に加藤投手が押し出しで1失点するとその裏に柳投手も1失点、4回には柳投手が3失点して降板してしまう。4回4安打5奪三振1四球で3失点という内容だった。

 加藤投手は1失点以降粘りの投球を見せていたが、7回にタイムリーヒット2本で3点を奪われ、6回1/3を投げて7安打4奪三振3四死球で4失点(自責点3)だった。共に満足は出来ない投球となってしまった。

 

豪華リリーフ陣も

 明治大は柳投手の後に、上原健太投手を投入したが2回を4安打2四球と乱調で2失点する。続いて投入した2年生で今季ここまで6者連続三振の星知弥投手も1安打1四球で1アウトで降板すると、エース・山崎福也投手を投入する。山崎投手は星投手の作ったピンチを抑えると、2回2/3を投げて1安打2奪三振と完璧なリリーフを見せてチームに勢いを呼び込んだ。

 慶応大は7回1アウトから三宮舜投手を投入し7回のピンチは切り抜けたものの、8回に1失点し同点に追いつかれる。結局2回2/3を投げて2安打1奪三振1四球で1失点、この日はプロ併用日だったため、9回引き分けとなった。

 2年生投手の不調で総力戦となったが、何とか明治大が引き分けに持ち込み勝ち点の望みを繋いだ。今日も山崎福也投手が登板しそうだ。

 

谷田成吾選手好調

 高校時代に注目された慶大の谷田成吾選手と横尾俊建選手、昨年までは伸び悩みのような感じだったが、今季は二人とも調子が良い。谷田選手はここまで18打数6安打の打率.333、2本の2ベースにホームランも1本記録している。

 また横尾俊建選手はホームランこそ無いものの、この日も2つの四球を選びここまで5つの四死球を選んでいる。13打数5安打で打率は.385を記録、高校時代もホームランで有名というよりは確実に得点を奪う4番という印象があり、四球を選んで横尾選手の4番のスタイルを見せている。評価はされにくいのかもしれないが、評価したい。

 

 明大が終盤に4点差を追いつく粘りを見せ、引き分けに持ち込んだ。前日(26日)に先発した今秋ドラフト1位候補左腕・山崎福也(4年=日大三)が7回途中から救援。2回2/3を1安打無失点と攻撃へのリズムをつくった。

 1―5の7回に1番・福田周平遊撃手(4年=広陵)、3番・高山俊右翼手(3年=日大三)の適時打などで3得点。1点差に迫ると、8回には真栄平大輝一塁手(4年=興南)の右犠飛で同点に追いついた。投げては連投となった山崎がリリーフで好投し、反撃ムードを呼んだ。エース左腕は「昨日は変化球に頼ってしまったけど、今日は真っすぐで強い球を投げることを意識していた。昨日よりも球に勢いはあった」と手応えをつかんだ。


PAGE TOP