京都産業大が1勝1敗に、1年生・中北昂希選手がホームラン

中北昂希, 藤原隆蒔, 京都産業大

 関西六大学リーグでは京都産業大vs龍谷大の2回戦が行われ、京都産業大が勝利して1勝1敗とした。1年生の中北昂希選手の大学1号ホームランや、2年生・藤原隆蒔選手の3打点の活躍があった。

1,2年生活躍

 今のところ勝ち点2で5チームが並ぶという大混戦となっている関西六大学リーグ、この日は優勝争いに生き残りをかけての京産大vs龍谷大の2回戦が行われた。京都産業大は4番に2年生の藤原隆蒔選手、6番には1年生の中北昂希選手が入る打線で臨み、中北選手は大学1号となるホームランと2ベースを記録し、藤原選手は逆転タイムリーなど3打点の活躍を見せて勝利した。

 中北選手は奈良産大付出身の選手でセカンドを守る。この日はDHでの出場だったが、大学1年生の春にスタメンで出場しホームランを放つという力を見せている。長打も打てる内野手として期待したい。

 また藤原隆蒔選手は近江高校出身の選手で、高い打撃センスを持ち高校時代もドラフト候補だった。

 

どこが抜け出すか

 関西六大学は史上稀に見る大混戦となっている。大商大、大院大、京産大、龍谷大、大経大が勝ち点2で並んでいる。昨年覇者の大商大は勝ち点2も既に2つのカードで負け越しており、大経大も2つのカードで勝ち点を取れなかった。

 京産大vs龍谷大で勝利したチームが勝ち点3となり首位に立ち、仮に京産大が勝ち越せば、残りは実力に差がある最下位の神院大との対戦を残すのみとなる。

 しかしその京産大から勝ち点を奪っている大院大も、残りの龍谷大、大経大に連勝すれば、勝ち点は勝率で京産大に並ぶ。

 


PAGE TOP