瀧中瞭太投手が4回2/3を2安打5奪三振無失点で勝利投手、龍谷大が勝ち点

大学野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース 2014年大学野球春季リーグニュース

 関西六大学リーグの龍谷大vs京都産業大の3回戦は、龍谷大が6-2で勝利した。大符正希投手と瀧中瞭太投手の2年生投手リレーで2失点に抑えた。これで龍谷大は勝ち点3となり、優勝争いから一歩抜け出た。

大符正希投手、瀧中瞭太投手

 大符正希投手は興譲館高校出身の2年生で177cmから140km/hの速球を投げる。高校時代も入学すると1年生ですぐにエース番号を背負ったが、大学でも1年生の春にいきなり完投勝利すると5勝2敗をマークしエースの活躍を見せた。

 秋は1勝2敗と成績を落とすと今季は序盤は2戦目の先発となり、大経大戦では敗戦投手となった。しかし大商大戦で1戦目の先発として勝利し、京産大1回戦でも8回無失点と好投し勝利した。

 この日は4回1/3を投げて8安打を許し2失点と調子としては今一つだった。

 5回1アウトから瀧中瞭太投手が登板する。瀧中投手は高島高校時代に145km/hを記録しプロから注目された速球派で、今季はリリーフとして登板し実力を見せている。

 この日は5回のピンチを切り抜けると、9回までの4回2/3を2安打5奪三振1四死球で無失点に抑え勝利投手となった。大符、瀧中の2年生コンビで勝利を手にし、龍谷大がリーグ制覇に王手をかけた。

 

優勝争いは龍谷大と大阪学院大

 一時は勝ち点2で5チームが並ぶという混戦模様だった関西六大学リーグだが、この勝利で龍谷大が勝ち点3とした。また大阪学院大は残り2カードを残し勝ち点4まで伸ばす可能性があるが、最終節は龍谷大との対戦となる。

 もし来週の大阪学院大vs大阪経済大のカードで大院大が勝ち点を取れば龍谷大との優勝をかけた最終節となる。もし勝ち点を落としてさらに最終節に龍谷大から勝ち点を奪えば勝ち点3が優勝ラインとなり、そうなると現在勝ち点2であと1カードを残す大商大、京産大、大経大にも優勝のチャンスが出てくる。

 ただし現在の勝率を見ると京産大が有利となりそうだ。

 大学選手権では大符正希投手や瀧中瞭太投手が見られるか、大院大の4年生・大橋直也投手や2年生の堀田晃投手が見られるか、または大商大の4年・金子丈投手、大経大の194cm右腕・小山純平投手などが神宮や東京ドームで雄姿を見せるか、残り2節が非常に楽しみだ。

 

【関六】龍谷大が勝ち点3 - スポーツ報知:2014/5/16

 龍谷大は0―2の6回、近藤の2点適時打などで5点を奪い逆転。2番手で登板した滝中が4回2/3を投げて無失点の好投を見せ、逃げ切った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント