150km/hの佐野皓大投手、148km/hの小野郁投手、147km/hの善武士投手が九州最速狙う

小野郁, 西日本短大付, 善武士, 多良木高, 佐野皓大, 大分高

 九州に速球派投手が集まっている。2年秋に148km/hを記録した西日本短大付・小野郁投手、147km/hを記録した多良木・善武士投手、そしてこの春に150km/hを記録した大分・佐野皓大投手、この夏に九州最速を狙う。

狙って出した150km/h、佐野皓大投手

 今のところ九州の最速王は150km/hを記録した大分高校の佐野皓大投手となっている。佐野投手は春季高校野球大会で初戦で甲子園出場の神村学園を3失点に抑えて完投で勝利したが、準々決勝の東福岡戦は序盤に4失点したものの、変化球を中心にその後は粘り1-4で9回を迎えた。

 そこで佐野投手は何かをつかむ。「左肩を相手打者に倒すように投げたら、体がうまく回るようになった。」と9回130球を越えた所で球速がアップし148km/hを2回記録すると、「148km/hが2回出ていたので狙っていた」と投げた球は150km/hを記録した。

 2年秋までは143km/hを記録しており元々力はあったが、このオフに筋力トレーニングで下半身を鍛え、水泳で肩甲骨の柔軟性を高めて肩の可動範囲を広くすると、大分大会では148km/hを記録、九州大会の150km/hと一気に球速を伸ばした。

 大会後の佐賀工との練習試合で1回4失点をしてしまい、監督から「求め過ぎている」と球速だけを追っている事を注意された佐野投手、「球速だけでは夏は勝てない」といいながらも「155km/hを出したい。」と話し、「プロに行きたい。そのためには甲子園でアピールするしかない」と話す。

 155km/hを出せばプロ入りの可能性は高くなるし、甲子園に出場してもアピールできる。最も良いのは両方成し遂げることだろう。

 

小野投手、善投手は150km/hを狙う!?

 佐野投手に抜かれる前までは148km/hを記録していた西日本短大付・小野郁投手が最速王だった。2年生秋に147km/hを記録しあっと言わせた右腕だったが制球力の課題を見せていた。

 春季九州大会の秀学館戦では147km/hを記録し完封するという、球速と内容、両方とも結果を残して成長を示し、また打撃でもホームランなど3打数2安打3打点の活躍を見せ、集まった11球団のスカウトからは「二刀流もいける」と注目を集めている。

 小野投手は「目指すのは150km/h、ストレートで空振りを取れるようになりたい」と話した。

 一方、2年秋に147km/hを記録し熊本大会を制した善武士投手は、この春は熊本大会準決勝で熊本工に敗れた。球速よりも制球力や変化球を磨く事に重点を置く善投手は「残された時間で精一杯やりたい」と話した。

 

 大分、福岡、熊本でそれぞれ最速王の3投手、夏の大会でどんな投球を見せるか、そして甲子園出場を成し遂げるか、またどれくらいのスカウトが集まるかなど楽しみが多い。

 

九州快速王に俺はなる - 西日本スポーツ紙面:2014/5/16

 


PAGE TOP