法政大が推薦合格者を発表、玉熊将一投手、知久将人投手、大谷樹弘投手、三浦浩太郎投手、初瀬耕輔投手、金子凌也選手などが合格

大学野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 法政大は推薦合格者を発表した。北海の玉熊投手と札幌第一の知久投手、北海道を代表し、ライバルでもある投手が同じチームで戦うこととなった。また、日大三の金子選手は先輩・畔上と共に早大・吉永、明大・高山、慶大・横尾といった日大三優勝メンバーとの戦いが待っている。

 玉熊投手は1年生から北海を引っ張り、2011年は春夏連続で甲子園に出場し、選抜では準々決勝まで進出した。球速は最速でも140km前半だが、低めに丹念に投げられる安定感を誇る。テイクバックが極端に小さいフォームも特徴でバッターのタイミングを外す工夫もしているが、まずはひとまわりスケールを大きくするために力をつけて欲しい。バッターとの駆け引きは十分経験しているのだから。

 また知久投手は184cmの大型右腕、元々は東京出身だが札幌第一へ進んだ。伝家の宝刀と言っても良いスライダーを持っており、三振を奪える投手。こちらも最速は140kmでまずは力をつけて欲しい。

 作新学院・大谷投手は2011年夏の甲子園で2年生で大活躍を見せ、ベスト4進出に大きな役割を果たした。144kmの力のある速球をコントロール良く投げる事ができていたが、3年生になり大スランプに陥ると、投手として登板することもできなくなってしまった。プロも注目していたが早くより大学進学を決め、投手として復活を目指す。

 三浦浩太郎投手は170cmと小柄ながら147kmの速球を投げ、今年横浜DeNAドラフト2位で指名された三嶋一輝投手のリリーフエースの後継というような存在になるか。また初瀬投手は183cmの大型左腕で142kmの速球を投げる。制球を乱し四死球で自滅する試合もあり課題だが、良い時は完璧に抑える力を持っている。

 野手では高校2年生で夏の甲子園を制覇した日大三のメンバーとして活躍した金子選手が光る。今年の夏も出場を決め初戦の聖光学院戦では0-2の9回に意地のホームランを放った。勝利はならなかったが今年1年間は主将として昨年のメンバーが大きく抜けたことから苦労を重ねていた。それがバッティングにも影響した所もあった。18U世界選手権でもファーストで使われるも31打数4安打と苦しんだが、大谷翔平、藤浪晋太郎、北條史也、高橋大樹、田村龍弘などとプレーした経験は大きい。180cmで長打も期待できる大型遊撃手は先輩でもある畔上翔と共に、早稲田の吉永健太朗投手、慶応の横尾俊建選手、明大の高山俊選手といった優勝メンバーと戦っていく事になる。

 手崎選手もパンチ力十分の選手で主軸候補となりそうだ。

ポジション名前高校
投手玉熊将一北海
知久将人札幌第一
大谷樹弘作新学院
三浦浩太郎三重
谷川宗高松商
初瀬耕輔鳥栖
捕手森川大樹桐蔭学園
柴田圭輝東邦
木村昂平如水館
内野手杉本京太鳴門
金子凌也日大三
蔦直広智弁和歌山
外野手菊地新太桐蔭学園
手崎椋介至学館
米田伸太郎智弁学園

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント