ここまでのドラフト戦線(大学生野手編)

二十八貴大, 山川穂高, 梅野隆太郎, 岡大海, 西浦直亨, 嶺井博希, 吉田裕太, 中嶋啓喜, 河合完治, 大城戸匠理, 木下拓哉, 石川良平, 大畑建人, 川越健人

ここまでのドラフト戦線、大学生投手編に続き野手編です。

大学生野手ドラフト候補

 明治大の岡大海選手が投げては150km/hを越すストレート、打っても2期連続で3割5分を越す打率を残し注目された。しかしケガなどもあり野手として専念したものの、ここまで打率は.250と打撃では始めてといってよいスランプとなっている。今シーズンも昨季同様の活躍をしていればドラフト1位指名となったと思うが若干順位を下げた感じもする。ただし春季リーグ戦もこれから重要な試合が続き、大学選手権や秋の活躍で1位候補となる事も十分考えられる。俊足強打強肩の選手として評価が高いのは間違いない。同じ明大の中嶋啓喜選手も今シーズン打率1割台と2年生の時の状態に戻す事はできなかった。ドラフト会議での指名は難しくなったと考えられる。

 東都では中大の二十八貴大選手が、昨年の巨人とのプロアマ交流戦でタイムリーヒットを放ち、その後もバッティングが好調で主将にも選ばれるなど期待されていたが、スタメンから外れるなどケガでもしているのか調子が良くないようだ。

 そんな中で活躍をしているのが法大の選手達で、河合完治選手はここまで打率.524を記録、大城戸匠理選手も途中ケガで離脱したものの3割台を打ち、捕手の木下拓哉選手と遊撃手の西浦直亨選手も守備と一発長打を見せている。4人とも身体能力が素晴らしくドラフト会議での指名が考えられる選手だ。

 東都リーグでは、亜大の嶺井博希捕手や、国学大の石川良平捕手、2部ながら立正大の吉田裕太選手など、タイプの違った実戦経験の多い捕手が揃う。捕手の補強を目指すプロ球団は多く、法大の木下選手や近大の鎌戸亮如捕手などと共に、この3人もマークされるだろう。

 地方では富士大の山川穂高選手や福岡大の梅野隆太郎捕手、大体大の大畑建人選手、旭川大の川越健人選手などがプレーしている。山川穂高選手は大学全日本の4番として注目されているが、リーグ戦では好不調が激しい状態となっている。ドラフト上位候補として評価を固めるには大学選手権での活躍が必須だが、リーグ戦でチームは八戸学院大と激しい優勝争いをしている。直接対決で山川選手の活躍で全国に駒を進める事が、山川選手の人生を変えるかもしれない大一番となりそうだ。

 梅野隆太郎捕手は右ヒジを痛めて、安全を取って1試合に欠場した。本調子ではないかもしれないが、大学日本代表の正捕手としてこちらも全国の舞台に出場したいところだ。屈指のリードオフマン、大体大・大畑建人選手、主軸を打つ181cmの大型遊撃手、旭川大の川越健人選手なども全国の舞台に立って評価を上げて欲しい。


PAGE TOP