首都大学リーグが開幕!注目選手など

大学野球ドラフトニュース

 2015年の首都大学野球リーグが開幕する。プロ注目の選手などを紹介します。

投手

 東海大の吉田侑樹投手は、昨年最も成長した選手と思う。187cmから147km/hを記録し、春は5勝0敗、秋も5勝1敗、そして大学野球選手権で優勝、侍ジャパン大学代表でもアメリカを相手に8回1/3を投げて1安打無失点と好投を見せた。さらに成長をした姿が見られればドラフト上位指名の声が高まってくる。

 球速では帝京大・西村天裕投手が大学屈指。152km/hの速球を投げパワー系の投手そのものという力で押すピッチングを見せる。スマートな投球を好むスカウトも多く評価は分かれるかもしれないが、昨年秋に7勝を挙げた力は抜きんでている。またブレークしそうなのが筑波大の西島隆成投手で、昨年秋の関東大学野球選手権で146km/hを記録した。かなり楽しみな投手。

 3年生になる桜美林大の佐々木千隼投手は180cmから144km/hの速球を投げ、首都リーグ1部でも各大学のエースと渡り合い、昨年は4勝1敗を挙げた。来年のドラフト候補の一人。日体大も3年生の松岡潤樹投手が昨年秋に3勝を挙げた。日体大では高校時に148km/hを記録した龍田祐貴投手が4年生となる。最終学年での投球を期待したい。

 

野手

 東海大相模時代にセンバツで優勝してプロからも注目された臼田哲也選手などは、東海大に進んだものの目立った活躍を見せていない。その中で注目されるのが2年生になる下石涼太選手、広陵高校時代に投手や遊撃手として注目され、センバツでは安楽智大投手と延長13回を投げ合った事でも話題となった。大学では野手に専念し1年時からショートのレギュラーとなると、今年の侍ジャパン大学代表の1次候補にも選ばれ合宿で活躍を見せた。再来年のドラフトでは遊撃手で1位指名がありそうな選手だ。

 東海大に野手が集まる中で、他大学の選手が絶対王者・東海大に対してどんな戦いを挑むのか注目される。

東海大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

筑波大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

日本体育大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

帝京大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-首都大学リーグのドラフト候補リスト

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント