来年のドラフト1位候補、147km/h右腕・高良一輝投手は仙台大・熊原健人投手に挑む

大学野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース

 6月8日から大学野球選手権が開幕する。九産大の3年生・高良一輝投手は最速147km/hの速球が注目され来年のドラフト1位候補に名前が上がる。その九産大は初戦で仙台大と対戦、今年のドラフト1位候補・熊原健人投手に投げ合いを挑む。

防御率0.31、来年のドラフト1位候補

 高良一輝投手は、春のリーグ戦で自己最速となる147km/hを記録し、9試合58回1/3を投げて自責点はわずかに2点で防御率は0.31、奪三振も65を挙げるなど圧巻のピッチングを見せた。

 伸びるストレートで面白いように空振りを奪い、「まっすぐで押せたので自信になった。去年よりスピードが上がったのが大きい。と話し、成長したことを実感している。

 その高良投手は、昨年の大学野球選手権2回戦の東日本国際大戦で先発し7回まで無失点、また明治神宮大会でも中部学院大戦でリリーフで登板して2回2/3を無失点に抑えるなど、全国大会でも結果を残している。

 

熊原健人投手と対戦

 そして今年は成長してチームのエースとなった高良投手、全国大会で挑むのは仙台大で152km/hを投げる今年のドラフト1位候補・熊原健人投手だ。東京ドームの開幕試合で対戦する。

 これは高良投手にとって非常に大きなチャンスと言える。巨人や阪神も含めて、おそらく12球団が今年の注目投手に挙げている熊原投手と投げ合う事で、熊原投手と互角のピッチングを見せれば、多くのスカウトが来年のドラフト1位候補として認識する事になる。

 もし、投げ合いに敗れたとしても、リーグ戦で3年生ながらトップに立ってしまった高良投手、さらに上を目指すために熊原投手という目標ができる事は、来年また成長するための重要な要素になる。

 いずれにしても注目の投げい合いになるのは間違いなさそうだ。

2016年度-大学生のドラフト候補リスト

九州産業大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-大学生投手のドラフト候補リスト

全国でもドクター0 高良 西日本スポーツ紙面 2015/6/6

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント