決勝は慶應大VS東洋大!藤岡VS伊藤隼太!

大学野球ドラフトニュース

 

全日本大学野球選手権、準決勝は慶應義塾大学が東京国際大学を6-4で下し、また東洋大は九共大を2-0で下して決勝進出を決めた。アマチュアNO1左腕、東洋大エース・藤岡貴裕投手とアマチュアNO1スラッガー、慶応大4番・伊藤隼太選手の対戦に注目が集まる。

慶應義塾大(東京六大学野球)東洋大(東都大学野球)
伊藤隼太 外野手
4年 中京大中京
右左
178cm
82kg
ここまで通算10本塁打、今春は4本塁打、17打点、打率.405であと一歩で三冠王。高橋由伸以来の即戦力スラッガー候補。

藤岡貴裕
4年 桐生第一

左左
183cm
85kg
大学BIG3と呼ばれる今年のドラフトの超目玉。12球団が1位候補に挙げる153km左腕。
福谷浩司 投手
3年 横須賀
右右
182cm
85kg
1年生から活躍し、今春はリリーフとして12試合に投げて防御率0.59で最優秀防御率。155kmのストレートは重くて前に飛ばない。内山拓哉 投手
4年 浦和学院
右右
175cm
70kg
制球力が課題も151kmのストレートは威力十分。B
竹内大助 投手
3年 中京大中京
左左
177cm
75kg
昨春にはノーヒットノーランでリーグ6勝、今春も4勝2敗で高いレベルで実績を残す快速左腕。A鈴木大地 内野手
4年 桐蔭学園
右左
176cm
75kg
サード、ショートとしての安定の守備と、技術の高い打撃に俊足で、パンチ力もある。B

山崎錬 内野手
3年 慶應義塾

右右
176cm
80kg
塾高では2008年に甲子園ベスト8の立役者。大学でも3番を任され勝負強いバッティングを続けている。A藤田純基 投手
3年 浜田
右右横
173cm
66kg
高校時代は1試合21奪三振を記録したこともあるサイドスロー。大学では150kmを記録するまで球速が伸び、来年以降どのように使われるのか楽しみな投手。A
山形晃平 投手
2年 土佐
右左
176cm
74kg
1年生で150kmの速球を見せた快速投手。押さえとして登板する。A
白村明弘 投手
2年 慶應義塾

右左
187cm
80kg

高校時もドラフト1位候補。153kmを記録するストレートで今春の東大戦でリーグ戦初勝利。A
田村圭 投手
3年 慶應義塾
左左
185cm
86kg
高校時にエースとして甲子園ベスト8に貢献。大型左腕投手としてプロもマークを続けているが、今春にようやくリーグ戦初勝利。球威を取り戻すことが課題。C


スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント