中央大・松田進選手、村川翔太投手が始動

松田進, 中央大, 村川翔太

中央大学が練習を開始し、大型遊撃手として注目される松田進選手が始動した。

大型遊撃手

松田進選手は187cmの大型遊撃手で、国学院久我山時代から井口2世と注目されていた。昨年春のリーグ戦では打率.349にホームラン3本を放ちようやく力を見せ始めた。しかし秋は打率.240、0本塁打と成績を落としており、松田選手はプロ志望を語っておりプロ入りのためにはこの春が勝負となる。

目標はチームの優勝を話すが、「間合いの取り方を変えて打撃が良くなりました。個人的には打率を残したい」と話した松田選手、東都で同じ遊撃手のドラフト候補の日大・京田陽太選手についても「京田は意識します。」と話した。

プロ注目の二人の遊撃手がライバルとして争う東都リーグからも目が離せない。

中央大では和田毅投手と同じ浜田高校出身の村川翔太投手も左から144キロ速球を投げ、エースとしての期待がかかる。

2016年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

中央大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

「間合いの取り方を変えて、打撃が良くなりました。個人的には打率を残したいですが、まずはチームの優勝が第一です」


PAGE TOP