大阪桐蔭出身、青学大の葛川知哉投手もプロ入り目指す

青学大, 葛川知哉

青学大は今年の練習を納め、エースの葛川知哉投手が来年のプロ入りについて「そういうチャンスをものにできるようにしたい」と話した。

プロへの扉

葛川投手は高校時代、180cmの大型投手として将来のプロ入りを目指し、強豪の大阪桐蔭に入学した。しかし春夏連覇の主力として活躍した先輩の藤浪晋太郎投手や森友哉選手を見て「レベルの差を見せられ、逆にプロをあきらめた。」という。

「将来は社会人でやれたらと思って、青学大に来た」と青学大入りをしたが、そこで148キロを記録するサイドスローとして開花し、2部ながら3年春に3勝、秋に4勝を挙げ、11月には侍ジャパン大学代表合宿にも参加し、「実感が湧いてきた。」とプロへの扉が近づいてきたことを実感した。「1回はあきらめたところ。チャンスがあるときにものにしたい」と話し、来年のドラフト会議に向けてさらに成長することを誓う。

来年は常時140キロ後半の速球を投げられるような体力アップと、得意のカットボール、シンカーで打たせて取り、1試合の球数を減らす投球を目標とした。プロも貴重なサイドスロー投手であり注目されるとみられる。実績をとにかく積み、チームを1部に押し上げる活躍を見せてプロ入りし、森選手などと同じ舞台で成長した姿を見せてほしい。

大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

青山学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

高校時代は1学年上の阪神・藤浪、同学年の西武・森とドラフト1位コンビの実力を間近で体感。「レベルの差を見せられ、逆にプロをあきらめた。将来は社会人でやれたらと思って、青学大に来た」。今秋4勝を挙げ、2部通算10勝。11月には大学日本代表候補合宿に参加し、プロ入りの扉が見え始めた。「実感が湧いてきた。1回はあきらめたところ。チャンスがあるときに、ものにしたい」。

今年は春3勝、秋は4勝を挙げ、11月には大学日本代表候補合宿にも参加。入学時は考えられなかったというプロ入りも「そういうチャンスをものにできるようにしたい」と、視界に捉えるまでに成長した。


PAGE TOP