上武大・島田海吏選手を福岡ソフトバンクが高評価、鳥巣誉議選手は打点王

大学野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

福岡ソフトバンクが、上武大で熊本出身の島田海吏選手を高く評価していることが分かった。また同じく九州出身の鳥巣誉議選手は今季打点王の活躍を見せ、大学野球選手権での活躍が期待される。

俊足外野手にソフトバンク高評価

島田海吏選手は熊本県出身で、宇土鶴城中学校では軟式野球部ながら陸上の大会に出場し、3年時に100mの全国大会準決勝で桐生祥秀選手に先着していた。しかし共に決勝進出を逃しており、島田選手も桐生選手について「本来の調子ではなかった」と話している。

それでもその俊足は進学した九州学院でも陸上部から誘われるなど注目され、OBで北京オリンピック銀メダリストの末続慎吾氏からも陸上に誘われていたという。

しかし島田選手は野球を続けると、上武大では2年春からレギュラーとして活躍し、今季は打率.385、8盗塁を記録した。

九州出身の島田選手に福岡ソフトバンクの山本スカウトは「足が速く、肩も強い。今春は打撃も力をつけて、大学・社会人では高い評価」と、大学、社会人の外野手の中で上位ランクに入っていると評価した。

福岡出身・鳥巣選手は打点王

上武大は1番・島田が出塁し、3番・鳥巣がホームに還す。鳥巣誉議選手も福岡・久留米商出身の選手で、大学2年生秋には首位打者にも輝くなど、チームを引っ張り続けている。今季は3番サードで出場し打率.325を記録、11打点で打点王となった。

柔らかくてセンスあるバットコントロールを見せる鳥巣選手と、俊足・島田選手の九州コンビで、大学野球選手権優勝を狙う。

上武大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

桐生に勝った男、プロも注目 西日本スポーツ紙面 2017/5/31
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント