日本経済大、ドラフト候補左腕・東野葵投手と森祐樹投手の2枚看板注目

日本経済大, 森祐樹, 東野葵

福岡六大学リーグが明日開幕する。日本経済大の東野葵投手は146キロの速球を投げる左腕でプロが注目している。188cm右腕の森祐樹投手との2枚看板で、打倒九産を目指す。

左右の2枚看板

エースは森祐樹投手。188cmの長身右腕で最速は145キロを記録するが、140キロ前後の球に変化球を織り交ぜ、粘り強い投球が特徴の投手。3年生秋にリーグ戦5勝0敗の成績を残すと、この春は打球を右ひじに当てて出遅れたものの3勝0敗で、現在リーグ戦8連勝中。今シーズンは「10連勝を狙いたい」と話す。

森投手は1年生の春のリーグ開幕戦で先発してから、4年間エースとして投げてきた。「チームの成績が自分にかかっているという事で、責任感で楽しく投げられなかった」と話す。しかし今シーズンは「最後は2割くらい楽しみたい」と話す。これまで見られなかった投球スタイルも見られるかもしれず、注目される。

また、東野葵投手は183cmの長身左腕で、球速は146キロを記録、ストレートで三振を奪う投球を見せ、プロのスカウトも素材に注目する。左ひじの違和感があり、今季は出遅れそうだが、この春から初めてチームにトレーナーが付き、本格的な走り込みやウエートトレーニングなどの指導を受けた。「下半身に筋肉がついて、軽く投げても球速が出るようになった」と話している。

リーグ戦中盤に復帰を目指しており、146キロ左腕の投球に注目したい。

2018年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
2018年度-福岡六大学リーグのドラフト候補リスト

Wエース、有終初Vだ 8連勝中右腕・森、プロ注目左腕・東野 2018/8/31

 


PAGE TOP