広島1位、明大・野村祐輔投手、7回2安打11奪三振!

大学野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

広島がドラフト1位指名をした、明大・野村祐輔投手が明治神宮大会準決勝の東北福祉大戦に先発すると、7回を投げて11奪三振、わずか2安打に抑える好投を見せた。カーブ、スライダーなど変化球中心のピッチングだったが勝負どころでのストレートは制球力抜群でドラフト1位の投球を見せてくれた。

大学1年生の秋のリーグ戦で34回2/3を投げて防御率0.00の快挙から始まった野村投手の大学野球、4年間の集大成で全国の頂点を手にする。<\p>

  •  - ” target=”_blank”>を見てください。

  • スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

    コメント