京都大が始動、194cm152キロ右腕の水口創太投手「プロは目標、何位でも行きたい」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

京都大が1月8日に今年最初の練習を行い、プロが注目する194cm右腕・水口創太投手は、プロ入りの目標に向かって始動した。

スポンサーリンク

何位でも行きたい

水口創太投手は膳所高校出身の右腕で、194cm98kgの非常に恵まれた体のある右腕投手。

大学入学時は130キロ後半だったストレートも、昨年秋の近畿大戦で149キロを記録し、10月3日の同志社大戦で152キロを記録した。その球の威力に、視察をしていたプロのスカウトも驚きを隠せず、その後、複数球団が視察に訪れているという。

その水口投手はこの日、「プロは夢。ずっと目標で、注目されてモチベーションになっている。何位でも行きたい」と話し、プロ志望の意思を改めて表明した。

京都大学医学部で学んでおり、昨年秋からは実習がスタート、1月11日からは1ヶ月以上にわたり病院での実習に入るという。野球の練習は実習後の夕方からとなり、「ここから忙しくなる」と話す。来年には医学療法士の資格試験を受けるが、文武両道を貫く決意を示す。

元ソフトバンクの近田監督も「あれだけの上背、体がある。伸びしろしかない。決め球を確立できればプロは近づく」と評価する。水口投手の今年の投球が注目される。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
京都大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
京大医学部の152キロ剛腕水口、複数球団視察も「リーグ優勝が目標」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
プロ注目右腕と83年ぶり頂点へ!! 関西学生野球の京大が8日、京都市内の同校グラウンドで始動し、今秋ドラフト候補で最速152キロの水口(みなくち)創太投手(3… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

医学部在籍中の右腕が脚光を浴びたのは昨秋だ。9月に149キロを計測し、京大最速だった田中英祐(元ロッテ)の148キロを更新。10月3日の同大戦で同校最速の152キロを出すなど、150キロ台連発でプロのスカウト陣をざわつかせた。複数球団が視察するなど、一躍ドラフト候補に浮上。「プロは夢。ずっと目標で、注目されてモチベーションになっている。何位でも行きたい」。たとえ育成契約でもNPB入りを熱望するが、医学部出身選手が誕生すれば史上初になる。

“京大史上最速”152キロ右腕の水口創太が始動 プロ入りへ「ずっと目標」 医学部在籍の超秀才 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 “京大史上最速”といわれる152キロ右腕で今秋ドラフト候補の水口創太(3年=膳所)が2022年の始動を迎えた。午後からの練習で体幹トレーニング、キャッチボールなどで汗。「リーグ優勝が目標。やるからにはそこを目指してやりたい。プロ入りはずっと目標。注目されてモチベーションにもなっている」とチームと個人、2つの誓いを立て...
【大学野球】京大医学部で理学療法学ぶ最速152キロ右腕・水口創太が始動「勉強も野球もしっかり」
 京大のプロ注目右腕・水口創太(3年)が8日、京都市内の同大学グラウンドで始動。「勉強も野球もしっかりやって、結果がついてくるように頑張りたい」と意気込んだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント