近大工学部のプロ注目捕手・石伊雄太選手が先制打

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

この日、開幕した広島六大学リーグでは、近大工学部が広島大に4−2で勝利、プロ注目捕手の石伊雄太選手が先制打を放った。

スポンサーリンク

初回に2点タイムリー

石伊雄太選手は二塁送球が1.8秒台を記録し、強肩捕手として昨年冬の侍ジャパン大学代表候補合宿にも招集され、プロからも注目されている。

この日の広島大との開幕戦では4番捕手で出場すると、初回に1アウト2、3塁のチャンスで打席に入り、レフト前に2点タイムリーヒットを打った。「逆方向を狙っていたが、真っすぐを捉えられて良かった」と話した。

しかしその後は安打は無く、この日は4打数1安打2打点だった。「捉え切れていない部分があった。打つべき球を打てていない」と反省をしている。それでも、試合は4−2で勝利した。昨年秋にMVPを獲得した石伊選手、チームを優勝させて明治神宮大会でその肩を見せつけたい。

近大工・石伊 2点V打 プロ注目“攻守の要”初回いきなりバットで魅せた/デイリースポーツ online
 「広島六大学野球、広経大7-0広工大」(2日、近大工学部グラウンド) 広島六大学野球春季リーグ戦(デイリースポーツ後援)が2日、開幕した。連覇を狙う近大工はプロ注目の石伊雄太捕手(4年)の先制適時打などで広島大に4-2で勝利。広経大は八回コールドで広工大を7-0で下した。来年の閉校が決まった広国院大が部員不足で出場辞...

初回1死二、三塁の好機でフルカウントからの8球目を捉え、左前に2点適時打。「逆方向を狙っていたが、真っすぐを捉えられて良かった」。ただ、五回に死球で出塁したものの快音は初回のみ。4打数1安打で「捉え切れていない部分があった。打つべき球を打てていない」と収穫より反省点が多かった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント