近畿大・久保玲司投手と大石晨慈投手がプロ志望を表明

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

近畿大の久保玲司投手と大石晨慈投手の両左腕が、プロ志望届を提出することを明らかにした。

スポンサーリンク

4回途中4失点

この日の関西学生リーグ開幕戦に先発した左のエース・久保玲司投手だったが、4回途中で4失点し降板した。6月の大学野球選手権では亜細亜大戦で9回途中まで3安打6奪三振、自責点2の好投を見せたが、その後、左肩痛を発症していた。

そのために夏のオープン戦は1試合3イニングを投げただけだった。しかし、「ベストには近い。日に日に良くなって来ている」と話したものの、結果としてアピールはできなかった。それでも「目指せるなら目指すしかない」と話し、プロ志望届を提出することを明らかにした。

また、大型左腕投手の大石晨慈投手もプロ志望届を提出する。

ともに大学代表候補に選ばれるなど大学を代表する左腕投手だが、ドラフト会議の指名にはもうひと押しアピールが必要な所にいると思う。この秋にかけたい。

2022年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
近大が開幕戦競り勝ち白星発進 エース久保玲司と大石晨慈がプロ志望届提出を明言 - アマ野球 : 日刊スポーツ
関西学生野球の秋季リーグが開幕し、春季リーグ優勝の近大が立命大に競り勝った。序盤から点の取り合いになった。5回2死三塁で勝田成内野手(1年=関大北陽)が右中間… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

プロ志望届の提出も明言し「目指せるなら、目指すしかない」と気合だ。

【大学野球】近大の151キロ左腕・久保玲司がプロ志望届提出へ 先輩の阪神・佐藤輝に「味方であってほしい」
 近大の最速151キロ左腕・久保玲司(4年)が開幕戦に先発。7安打4失点し、4回途中で降板した。

最速151キロ左腕は春の疲労で左肩が不調になり、夏のオープン戦は1試合、3イニングを投げただけ。不本意な結果に終わったが「ベストには近い。(肩の状態は)日に日に良くなって来ている」と一定の手応えは得た。

近大・久保玲司 プロ志望届提出明言 2学年先輩の阪神・佐藤輝とは「対戦はしたくない」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 近大は今秋ドラフト候補の久保玲司が開幕戦に先発し、3回1/3を4失点で降板となった。左肩不調のため今夏オープン戦では1試合3イニングの登板のみで、ぶっつけ本番に近い状況だったという。それでも「まだベストには遠いが、日に日に良くなってきている」と状態は上向いているもよう。同じ左腕の大石晨慈とともにプロ志望届の提出も明言...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント