国学院大・田中千晴投手が5回無失点、日本ハムスカウト「こんなに伸びる選手いない」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

東都大学リーグでは国学院大のプロ注目153キロ右腕・田中千晴投手が日大戦に先発し、5回を投げて3安打無失点の好投を見せた。北海道日本ハムのスカウトが絶賛している。

スポンサーリンク

防御率0.44

先発した田中千晴投手は、最速148キロのストレートと100キロ台のカーブを織り交ぜるなど緩急をつけ、5回を投げて3安打無失点に抑える好投を見せた。これで11日の1回戦に続いて日大に勝利し、チームはトップに浮上した。

田中投手は190cmの長身から153キロの速球を投げる投手だったが、昨年まで実績は殆どなかった。春のリーグ序盤に先発として登板し、威力ある球を投げていたものの、制球などの課題を見せて11回を投げて0勝1敗に終わっていた。

しかし、この夏は連日3時間の投げ込みを行ってフォームが固まると、この秋はエースとしてチームの柱となり、この日はリーグ3勝目を挙げ、防御率0.44と安定した成績を残している。

ドラフト候補としても注目されるが、この日視察した北海道日本ハムの坂本スカウトは「春から見ているが、こんなに伸びる選手はなかなかいない。素晴らしい」と話し、成長のスピードを絶賛すると、同じく日本ハムの山田スカウト顧問も「変化球が低めに決まっている。真っすぐも変化球もいいし、制球もまとまっている。体重移動がすごくいい。体重がしっかり左足に乗っているし、リリースポイントも安定。もっと体力をつければスピードは上がるんじゃないかな」と各ポイントを絶賛した。

ドラフト会議前の18日にも亜細亜大との試合があり、そこで勢いをつけてドラフト会議を迎えたい。

2022年大学生プロ志望届提出選手一覧
2022年の大学生のプロ志望届提出選手の特徴を簡単に紹介します。10月6日に3名が掲載され、合計187名となりました。
2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補・田中千が5回零封!国学院大が首位浮上 最速153キロ右腕は今秋防御率0・44 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 3回戦1試合が行われた。1勝1敗としていた国学院大は、今秋ドラフト候補の右腕・田中千晴投手(4年)が5回3安打無失点と好投し、5―1で日大を下した。勝ち点3に伸ばし、同じ勝ち点3の青学大、中大を勝率で上回って首位に浮上。日大は優勝の可能性がなくなった。

この夏は連日3時間の投げ込みでフォームを固めた。結果、今秋は防御率0・44と安定。1メートル90の最速153キロ右腕に視察した日本ハム・坂本晃一スカウトは「春から見ているが、こんなに伸びる選手はなかなかいない。素晴らしい」と絶賛する。

国学院大が勝利、勝率で首位 ドラフト候補の田中千晴が5回無失点「自信をもって投げられた」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
国学院大が日大に勝利し、7勝3敗として、勝ち点で並び勝率で首位に立った。日大は勝ち点を落とし優勝の可能性が消えた。2回1死二塁から相手失策で1点を先制すると、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

試合を視察した日本ハムの山田正雄スカウト顧問は「変化球が低めに決まっている。真っすぐも変化球もいいし、制球もまとまっている。体重移動がすごくいい。体重がしっかり左足に乗っているし、リリースポイントも安定。もっと体力をつければスピードは上がるんじゃないかな」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント