日大三島の松永陽登選手が筑波大に合格、プロ入りを目指す

2026年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

日大三島でエースで4番として甲子園に2度出場した松永陽登選手が、筑波大に合格したことがわかった。

スポンサーリンク

大学では野手1本

松永陽登選手は、日大三島でエースとして183cm84kgの体から140キロの速球を投げ、変化球も織り交ぜる技巧的な投球で、チームを今年春・夏の甲子園に導く活躍を見せた。しかし、今年春のセンバツでは1回戦の近郊大阪戦で4失点で完投したものの敗れ、夏の甲子園も国学院栃木打線に5回につかまって4失点で降板、甲子園で勝利を手にすることはできなかった。

また松永選手は4番打者としても活躍し、高校通算10本塁打を放っている。この日、筑波大の合格が決まり、「ホッとした。これから、もっと野球を頑張っていこうという気持ちです」と話したが、大学では野手一本で勝負をすることを決め、「大学でも打線の中軸を担い、中心的な選手になりたい」と目標を話した。

夏の部活動引退後もトレーニングを続け、現在では183cm88kgと体も大きくなり、パワーもついてきた」と木製バットでホームランも放っているという。

高校では「入学当時は考えていなかった」と話したが、永田監督とともに甲子園に出場した経験から、「今は最終的にプロを目指したい」とプロ入りを目標とする選手に成長した。大学での活躍と4年後のドラフトが注目される。

筑波大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日大三島・松永陽登投手が筑波大合格 大学では野手1本で勝負「中心的な選手になりたい」 - 高校野球 : 日刊スポーツ
今年の甲子園に2季連続で出場した日大三島野球部の松永陽登投手(3年)がこのほど、首都1部リーグに所属する筑波大の体育専門学群に推薦入試で合格した。志望校への扉… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【高校野球】春夏甲子園出場の日大三島エース・松永陽登投手が筑波大合格
 エース兼4番として今年の甲子園に春夏連続出場した日大三島の松永陽登投手(3年)が13日、筑波大体育専門学群に合格した。投打でチームを引っ張ってきた大黒柱は、「野手一本」で4年後のプロ入りを狙う。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント