亜大・東浜巨投手、千葉ロッテ2軍に5回9安打4失点も千葉ロッテスカウトが評価!

亜大, 東浜巨

 千葉ロッテと亜細亜大のプロアマ交流戦が行われ、亜大はここまで東都通算31勝21完封を記録している東浜巨投手が先発した。

 千葉ロッテは2軍とはいいながら荻野貴、伊志嶺、清田、といった1軍でも活躍している打線を相手に、初回に荻野貴に2ベースヒットを打たれ、2四死球と制球を乱したが何とか無失点に押さたが、4回は無失点も3安打を浴び、5回は5安打で4失点、5イニングで9安打4失点という内容だった。

 ストレートの最速は143kmをマーク、この投球に千葉ロッテ・永野チーフスカウトは「もともとまとまっているがシュート系のツーシームが効果的だった」と評価し、対戦した千葉ロッテ・青山2軍監督も「プロ相手に堂々と投げられる。制球力はプロでも十分通用する」とコメントした。

 4年生となった春は冬に痛めた肩の影響もあり、完封記録を伸ばしたものの急速は130km台~140km前半になり、スライダー、カットボールなど変化球でかわすピッチングで、3年生までの150kmを記録した球威もあるピッチングは影を潜めた。

 ラストシーズンとなる秋は肩のケガからの本当に復活ができているか、プロのスカウトも注目している。31勝21完封と実績は十分でドラフト1位候補は変わらないが、高校生の藤浪晋太郎投手や大谷翔平投手が評価を高めている中で、秋の投球内容によってはこの二人に流れる球団の出てくるかもしれない。

 沖縄尚学高校でセンバツで優勝しドラフト1位候補として注目されながらも大学進学を決めた東浜投手にとって、本当の勝負のシーズンとなる。

千葉ロッテと2軍交流戦、巨クン5回4失点 - 日刊スポーツ紙面:2012/08/26

PAGE TOP