明大・岡大海選手、1打点・1盗塁・勝利投手!

大学野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 東京六大学の明大vs立大の対戦は延長12回の熱戦となった。立大は先発・小室正人投手が7回4失点で降板したももの、2-4で迎えた9回に2点を奪って同点に追いついた。

 しかし、9回ノーアウト2塁のサヨナラのチャンスに、それまで1塁を守っていた明大・岡大海投手がリリーフ登板するとこのピンチを抑え、その後、延長12回までの4イニングで7安打を打たれながらも無失点に抑えた。

 12回には2アウトから4番も務める岡選手がレフト前ヒットで出塁し、50m5.8秒の俊足を活かして盗塁に成功すると、続く中嶋選手のタイムリーヒットで勝ち越し勝利を収めた。

 岡大海選手は倉敷商時代から高校通算30本塁打の打撃と144kmを記録する投手として投打に注目されていた。大学でも二刀流のスタイルを変えることなく、投げては152kmを記録するエースとして、打っても4番を打ち、走っても50m5.8秒の足でチームを勝利に導く。

 来年のドラフトでは上位指名が予想される選手で、この高い能力をどのポジションで評価するのか今から楽しみだ。

 またこの日は昨年、習志野高校で活躍した宮内和也選手が途中から2番セカンドで出場すると3打数2安打、大学1号となるホームランを放った。

 投打二刀流のエース・岡大が、気迫で勝利を呼び込んだ。リーグ戦初の4番を任され、9回途中からは救援登板。10、11回のピンチをしのぐと、12回2死から左前打。50メートル5秒8の俊足で二盗を決め、中嶋の決勝打を演出した。「いつでも走れる準備はしてました。足にも自信があるんです」と、チームの勝利を呼び込むリーグ戦初盗塁に胸を張った。

 明大の岡大が投打でフル回転した。自身初の4番に座り6回に右犠飛で打点を挙げ、4―4の延長12回には左前打。「チャンスで打てればと思っていた」。さらに50メートル5秒8の俊足を生かしリーグ戦初盗塁もマークし、中嶋の右前打で決勝のホームを踏んだ。9回無死二塁のピンチでは一塁からマウンドに上がり4回を無失点。「(9回の登板は)いつでもいける準備はしていた」と振り返った。決勝打の中嶋は「岡が投げて打って走っている姿を見て楽にさせたいと思った」と同学年のエースを援護した。岡大は次週の早大戦へ向け「二刀流あっての自分。役割を果たしていきたい」と意欲的だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント